小出由華の実家/舟和で人気のお菓子5選を紹介!通販する方法も解説!

舟和

かつて子役として活躍していた小出由華さん。33歳になられたそうです。朝のウゴウゴルーガで活躍されていた時からもう20年近くたっているんですね。

ウゴウゴルーガの『ルーガ』ちゃんかわいかったですね。お目めぱっちりで、かわいい子役さんでした。今もその美人さは変わらず大人の女性になられたんですね。

2017年には第一子出産されたとか。かわいい男の子だそうです。旦那さんは、デンマークの方で、180cmを超える細マッチョだそう。かっこよさそうですね。

そんな小出由華さんのご実家は、東京都葛飾区の明治35年(1902年)年創業の歴史ある和菓子屋さんだそうです。とっても美味しそうな和菓子が揃っているので、ご紹介していきます。

Sponsored Link

 

 

芋ようかん/創業当時から変わらぬ優しい味が魅力!

東京浅草寿町で創業されたのが明治35年。芋問屋の小林和助さんが創業した『舟和』。そして、和菓子職人の石川定吉さんと考案したのが、『舟和』の芋ようかん

明治時代には、高級な練ようかんが主流だったところを、比較的手に入りやすいサツマイモでようかんを作ったことが始まりだそうです。

材料となるサツマイモの選定から蒸す方法、砂糖などにまでこだわり、出来上がった芋ようかん。創業当時のメニューは、芋ようかん・あんこ玉・栗蒸しようかん、練ようかんだったそう。

お抹茶といただく芋ようかん、美味しそうです。ほっと癒されそう。

【メーカー直送】浅草 舟和芋ようかん5本詰×2箱【クレジット決済のみ(代引不可)】※システム上代引きが選べるようになっておりますが選択しないようお願いします【沖縄・離島不可】

芋ようかんは、地方発送も受けてくださるそうです。すぐにでもお取り寄せして、食べてみたいです。

そして、舟和の芋ようかんは、そのまま食べるのもおいしいそうなのですが、ひと手間かけて食べるとこれまた絶品だそう。

バターを落としたフライパンでカリッと焼いて、バニラアイスを載せて食べる方法もあるそうです。美味しそうです。ほんのり温かい芋ようかんと冷たいバニラアイス。バランスが絶妙ですね。

舟和

最中/3種類のあんこが楽しい!美味しい!

舟和の最中は、さくらあん・こしあん・いもあんの三種類があるそうです。最中のパリッとした触感と、なかみのあんこのやわらか&優しい甘さがくせになりそうです。

最中の宅配はしていないそうなので、お店で購入したいですね。

舟和

 

あんこ玉/プチっと弾ける触感がたまらない!

あんこ玉は、あんこをくるんだ寒天が食べるとプチっと弾ける触感がたまらないそう。あんこには、あずき・白いんげん・抹茶・イチゴ・みかん・コーヒーの6種類の味があるそうです。

【メーカー直送】浅草 舟和芋ようかん(3本)・あんこ玉(6個)詰合せ【クレジット決済のみ(代引不可)】※システム上代引きが選べるようになっておりますが選択しないようお願いします【沖縄・離島不可】

あんこ玉と芋ようかんのセットも通販できるそうなので、食べてみたいですね。そして、お店に行ったらぜひ買ってみたい!それが、パンダの形のかわいいあんこ玉

女の子パンダちゃんと男の子パンダちゃんがあって、食べるのがもったいないくらいですね。

 

舟和の芋あいす/ほんのり優しい甘さがおいしい!

2018年2月5日(月)より店舗だけで販売されているのが、舟和の『芋あいす』。新商品だそうです。香料を使わず、サツマイモだけの甘みを生かしたさつま芋アイス

素朴なさつま芋の味を味わうことが出来るアイスだそうです。全国のイトーヨーカ堂で(北海道除く)発売されているそうなので、食べてみたいですね。

 

喫茶メニュー・芋ようかんソフトパフェ

東京浅草の『舟和』本店にある喫茶室で食べることが出来るのが、芋ようかんソフトパフェ。もう間違いないってくらい、美味しそう。

優しいサツマイモの甘みと冷たいアイス。絶対美味しいと思います。これも本店喫茶室でしか食べれないと思うと、食べてみたくなります!

舟和 http://funawa.jp/shop/

 

ウゴウゴルーガの子役として活躍されていた小出由華さんのご実家・舟和さんの美味しそうな商品を紹介してきました。

こんな素敵な和菓子屋さんの娘さんだったのですね。現在は、デンマーク人の旦那さまと子供さんと幸せに暮らしていらっしゃるそう。大人になられた現在は、テレビへの出演も増えていらっしゃるそうなので、これからもテレビで小出由華さんを見ることが出来そうです。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link