特捜9第6話あらすじ&5話ネタバレ感想/吹越満がいい味出してる!

井ノ原快彦さん主演の『特捜9』が第5話まで進んできました。折り返し地点ですね。『特捜9』は視聴率もとてもいいようです。

シグナル6話あらすじ5話ネタバレ感想/4月期ドラマ視聴率を徹底比較!

2018年4月に始まったドラマの中で、1版視聴率がいいのが『特捜9』。第2位が二宮和也さん主演の『ブラックペアン』です。『特捜9』は、老若男女を問わず、視聴者がいそうです。

『特捜9』第5話ネタバレ感想と第6話あらすじを見ていきましょう。

Sponsored Link

 

特捜9第5話ネタバレ感想/吹越満がいい味出してる!

境内で野球をしていた啓太の打ったボールが人形師の家の部屋の中にまで入っていってしまいました。そのボールを取りに来た啓太は、人形師が亡くなっているのを発見しました。

特捜9のメンバーが現場にやってきました。人形師は、後頭部を殴られたことにより亡くなったのでしょうか。啓太に話を聞く青柳さん、優しいですね。啓太は自分の打ったボールのせいで、人形師の方が亡くなったのではと心配していたのです。『違うよ。』と優しく言う青柳。

亡くなった人形師は、三橋京子と言います。夫も人形師でした。ですが既に事故で亡くなっています。

かつて、五月人形のモデルになったという小学校の先生である西川と会いました。何か、話をしたがらない様子に不信がる浅輪。

冷たい熱帯魚 [ 吹越満 ]

外傷性くも膜下出血で亡くなったという三橋京子の夫。三橋の夫は、階段から転落したことにより亡くなっていたのです。転落した時に居合わせたのが、ハーモニカのお姉さんこと酒井菜々子(篠原ゆき子)でした。菜々子は、子供のころ厳しい親に育てられていました。

14年前に西川大吾は、三橋京子夫妻の五月人形のモデルとなっていたので、三橋家に出入りするようになっていました。

そしてある時、三橋の夫に叱られるうちに、階段の上から三橋の夫を落としてしまうことになったのでした。それが原因で三橋は、亡くなりました。

事件の当日、事件が起こる前の時間に三橋京子の家からハーモニカの音が聞こえてきていたと、啓太はいいました。ハーモニカで赤とんぼの曲を吹いていたのは、菜々子なのでしょうか。

菜々子は、妊娠していることを三橋京子に気づかれていたのでした。ですが、お腹にできた子をどう愛していいのかわからない。そしてそのことが理由で、三橋京子と菜々子はけんかになっていました。

14年前西川大吾が三橋の夫を階段の上から落としてしまった時のことを西川大吾の母親は見ていたのでした。そして、三橋京子の元を訪ねていました。三橋京子に話をするうちに、バカ親だとになじられた西川大吾の母。

一度は、帰ったように思った西川大吾の母ですが、重いおもりで三橋京子の後頭部を殴ってしまったのでした。そして三橋京子は命を落としました。

西川大吾の母親は、誰かが来る物音がして、物陰に隠れたのでした。そこへ訪ねてきたのは、西川大吾。三橋京子の命を奪ったのは、西川大吾の母でした。

 

特捜9第6話あらすじ/遊井亮子がかわいい!

https://youtu.be/4d4WFkrV_-Q

『特捜9』第6話では、遊井亮子さんが出演されるそうです。遊井亮子さん、41歳になられるそうです。

遊井亮子さん演じる映画プロデューサー・近藤瑠未。数年前にプロデュースした『南太平洋の誓い』という映画がヒットし、続編を作っていたところだそう。そんな敏腕プロデューサーの瑠未が何者かに刺されて亡くなっていました。

【送料無料】コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 スペシャル/山下智久[DVD]【返品種別A】

そして口には赤い花をくわえさせられていたそう。どんな意味があるんでしょうね。

瑠未の周りで瑠未を恨む人や何かの手がかりが無いかと浅輪たち特捜9のメンバーは捜査を始めました。

『南太平洋の誓い』を撮影中に監督が交代していたことが分かりました。元監督の名前は、国井康夫(バッファロー吾郎A)。浅輪と新藤は事情を聴きますが、国井には事件の日時には、アリバイがありました。

そして、鑑識の佐久間(宮内海斗)は、赤い花について調べていました。その赤い花は『グズマニア』と言う花でした。『グズマニア』の産地は、主に中南米。観葉植物として育てられるそうです。

更にトラブルは他にも。続編が制作中の『南太平洋の誓い』への出演を断られていた女優がいたのです。その女優は、金子あゆみ(里久鳴祐香)。そのあゆみの小型電子機器の画面にはグズマニアが表示されるようになっていました。

トラブルはさらに3年前にも。第1作目の『南太平洋の誓い』を撮影中、主役の俳優が撮影中に起きた事故により交代していたのです。事故により主役の宇田川順一(瀬川亮)は両足の自由を奪われてしまっていました。

そして、後任で主役の座を射止めたのが、宇田川順一の弟・宇田川徹(三浦孝太)でした。不自由な体となってしまった宇田川順一は、シューズデザイナーとして新しい道を歩んでいました。

ドラマを見逃してしまったらこちらから無料で見ることが出来ます。

靴を作る職人の佐竹恭子(李千鶴)とシューズショップを経営していたのです。宇田川順一に話を聞くと、芸能界の仕事から身を引いてからは、瑠未に会ったことがないと言います。

ですが、シューズショップの防犯カメラを確かめてみると、瑠未が店に着た姿が映っています。宇田川順一はなぜ本当のことを言わないのでしょうか。

防犯カメラの映像をみた宗方(寺尾聡)は宇田川順一の怪しい点を気付いていました。そして、監察医の結果によると、瑠未を殴った犯人の手には、指輪が付けられていたというのです。

 

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>