ブラックペアン第9話ネタバレ最終回あらすじ/イイヌマタツジ役山本亨がかっこいい!

山本亨

ブラックペアンがいよいよ最終回です。体内にブラックペアンが残された患者。名前はイイヌマタツジと言うようです。

なぜ、イイヌマタツジの体内にはブラックペアンを残してしまったのでしょうか。ブラックペアンを残した手術を行ったのは、誰なのでしょうか。

そんなもろもろ気になることが目白押しなブラックペアンなのですが、最終回前ではイイヌマタツジがやっと姿を現します。体内にブラックペアンを残してしまい、定期的に病院に通っていたようです。

ブラックペアン最終回前のネタバレ、それから最終回のあらすじを見ていきましょう。そしてイイヌマタツジ役を演じられる役者さんについても見ていきましょう。

Sponsored Link

 

ブラックペアン最終回前ネタバレ/イイヌマタツジ役山本亨がかっこいい!

さくら病院の医院長から『イイヌマタツジ』の名を聞き出した渡海。そして、倒れた佐伯は、藤原看護婦長に何かをつぶやきました。

緊急手術が始まりますが、渡海はオペには参加しないようです。佐伯教授は心臓に病を抱えていました。佐伯教授の心臓の手術が出来るのは、渡海しかいません。ですが、渡海の姿は東城大病院にはありません。

イイヌマタツジの部屋を、聞き出した渡海。カエサルでの手術を希望する佐伯教授。渡海の手術を断りました。

西崎教授は、佐伯教授に勝ったと得意げです。執刀は、黒崎誠一郎、助手は塩谷と関川外科医が付きます。東城大の医師たちは、これまでのデータのない中、カエサル手術に向けてシュミレーションを続けます。

佐伯の手術は、渡海にしかできないようです。ですが、佐伯は命を失ってもカエサルでの手術で行くと言い張ります。

A さん
西崎教授は嫌な奴ですねー!
B さん
うん、嫌いになりそうだよね。

西崎教授は、自分の研究の論文を高階ではなく、別の医師に書かせていました。高階は、東城大に送り込まれたうえ、帝華大の居場所までも失ってしまいました。

何度シュミレーションをしても黒崎医師には、カエサルでのオペは失敗ばかりです。黒崎は、高階にカエサルでの手術を頼み込みます。『力を貸してほしい。』そう頭を下げる黒崎。

論文の為にすべてをささげたのに、西崎教授は、別のものに論文を書かせていた。これまで何年も西崎のために尽くしてきた。それがこの結果。帝華大を追われた高階。そして佐伯教授に仕えてきた黒崎教授。もう一度頭を下げます。

そして、『私にも手伝わせてください。』と高階は快諾します。東城大の医師たちは力を合わせて、佐伯教授の為に症例を探し続けます。

高階は、渡海へと執刀を頼んだ方がいいと黒崎に話をしていました。世良と花房は、ブラックペアンの写ったレントゲン写真を探していました。探しても見つからないレントゲン写真。

『米ばかり食べている。』渡海。そしてその米の入った袋の中から、レントゲン写真は見つかりました。そこへやってきた渡海。

渡海一朗の執刀したレントゲン写真をみた黒崎は激怒します。そして、『東城大の恥さらしの息子』となじり、『出ていけ!』と。

飯沼達次をさがしてさくら病院に行っていた渡海。全ては終わったことと黒崎は言います。何があったのか。

渡海一朗が優秀な医者だった。ペアンの置忘れとして、除籍処分となった渡海一朗。佐伯教授のオペにより、ことなきを得たとか。

猫田に言われた『あなたをつぶすことになるわ。』と言う言葉が気になる花房。渡海一朗について何を知っているのかと訪ねる猫田。そこへ藤原看護婦長が。

藤原看護婦長は、余計なことは言わないようにと花房にくぎを刺します。世良の元へと、渡海がやってきました。卵かけごはんを食べる渡海は、世良にカエサルの使い方を聞きに行けと言います。

西崎教授の論文が医療ジャーナルに載るそうです。西崎教授は、鼻高々です。医療ジャーナルの編集長の元へ世良が、木下とともに訪ねてきました。

カエサル手術の論文を見せてくれと言う世良に、編集長は馬鹿かとなじります。忙しいのだという編集長に世良は、インパクトファクターを与えることが忙しい仕事なのかと、口走ります。世良は、熱く医療について語ります。

東城大は、メスと言うプライドを捨てて、一人の人間を助けようとしている。そう熱く語る世良に編集長は、言葉を失います。そして土下座する世良。

編集長は、ダーウィン手術で佐伯教授と似た論文を見た記憶がある、小さな研究所が出した論文を取り寄せると編集長は、言いました。

誰かの研究がほかの命を助ける。誰かの出世のための論文ではない、誰かの命を助けるのが論文の役目、それを思い出したと、編集長は言います。

編集長の取り寄せてくれた論文のお陰で光明が見えてきました。佐伯教授に新しい手術について話している最中に、心筋梗塞を起こした佐伯教授。

緊急手術が始まります。心筋梗塞のせいで、オペ時間はたったの1時間しかありません。高階が、執刀します。渡海が東城大へとやってきました。

世良が手術室へとやってきました。残り時間が刻々と少なくなってきます。高階でもオペが出来ない。『これ以上はもう。』と高階はつぶやきます。

高階が一瞬目を離したすきに世良が遠隔処理アクセスを解除していました。高階は、渡海からの指示の元、手術を始めました。渡海は、医局のシュミレーターを捜査して手術を始めます。

見逃したドラマを見るならココ。

猫田が吸盤を持って手術室に入ってきました。片手で心臓を抑えて、片手で縫っていきます。ギリギリ1時間で手術で残すところ、そう合弁の手術の身となりました。

人工心肺を回したまま、そう合弁の手術が始まりました。そして、渡海がカエサルを捜査した佐伯教授の手術は終わりました。成功です。

麻酔から目を覚ました佐伯教授は、『やるべきことがある』そう佐伯教授は、つぶやきます。医療ジャーナルに掲載された論文。それは、東城大でのカエサルの遠隔手術によるオペの論文でした。高階が書いた論文の末尾には、佐伯教授の名前があります。

渡海がシュミレーターを使うことを予想していたかのような渡海。渡海が佐伯教授のもとにやってきました。

『飯沼達次はどこにいるのか。』そういう渡海。そして、イイヌマタツジが東城大に入院してきました。そのケアをするのが花房看護師。

『懐かしいなー。昔この東城大に入院していたことがある。』そうつぶやく、飯沼達次。

 

 

ブラックペアン最あらすじ/山本亨がかっこいい!

東城大病院に入院してきた飯沼達次(山本亨)。藤原看護婦長の指示の元、ひそかに花房が看護をしていました。

そして、佐伯教授は手術を終えたものの、この手術は、応急処置に過ぎない、再手術が必要だと渡海は言います。

そして、佐伯教授の手術をすることと、飯沼達次の居場所を知らせること。これを交換条件として、佐伯教授に話を持ち掛ける渡海。ですが、意外にも渡海は、東城大病院に入院しています。

渡海の執刀を断った佐伯教授は、無理を押して東京への出張を強行します。

そして手術室で倒れてしまうようです。いよいよブラックペアン最終回。もう絶対見逃せません。

ブラックペアンの無料配信はこちらから見れますよ。

http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/blackpean_tbs/009.html

 

イイヌマタツジ役の山本亨がかっこいいけど、事務所はどこ?

ブラックペアンのキーパーソンとなる人物。それが体内にブラックペアンを残したままになっている患者のこと。その名前は、『イイヌマタツジ』と言います。

ブラックペアンの最初からずっと気になってきた、ブラックペアンが映ったレントゲン写真。渡海征四郎の父親が執刀した手術だとばかり思っていたのですが、佐伯教授がかつて行った手術だったようです。

では、なぜ渡海の父親・一郎は病院を去ることになってしまったのでしょうか。渡海は佐伯教授に何を復習しようとしているのでしょうか。

そして、『イイヌマタツジ』の体内のブラックペアンはどうなっていくのでしょうか。そんな『イイヌマタツジ』役を誰がやるのか。ネットでは密かに話題になっていました。

A さん
かなりの大物俳優が演じるんじゃない?
B さん
大物俳優と言うと、役所広司?北王子欣也?香川照之?梅沢富美男?
A さん
いやいや、堺雅人じゃない?

それが、山本 亨さんだそうです!…、誰?と思われた方、いらっしゃるかもですね。山本亨さんは、こちらの方です。

山本亨

山本亨さんは、1961年2月生まれ57歳。現在は、『krei inc.』と言う事務所に所属されています。1979年にジャパンアクションクラブに入団されました。

映画やテレビ、ラジオ、CМなどで活躍されています。

 

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link