シグナルを時系列&時間軸で解説!三枝・大山・桜井の時空を超えたストーリー

シグナル

関西テレビで放送されている『シグナル~長期未解決事件捜査班』。現代と過去を無線機を通じていったり来たりしながら、ストーリーが展開していきます。

うっかりするとストーリーから取り残されてしまいそうです。そんな時空を超えたストーリーを時間軸・時系列で整理して解説します。

時効廃止になる前と後では、罪に問うことが出来なくなり、被害者やその家族からしたら、無念さ以外の何も残りません。そして、時効制度の廃止により長期未解決事件捜査班が設置されることになりました。

そんなストーリーの時間軸を整理して、後半の『シグナル』もストーリーに付いて行きましょう。

Sponsored Link

 

三枝健人・桜井美咲・大山剛志の動きを時間軸で解説!

警察官でありプロファイラーである三枝健人。8年のアメリカでの勉強を経て、2018年長期未解決事件捜査班へと配属されました。ここが現代です。そこからさかのぼって、事件当時や事件発生後、そして事件前へと時間軸が前後します。

第4話終了時点のストーリーをまとめています。放送終了後、追記する形で更新していきます。ブックマークして楽しんでくださいね。

 

時間軸 事柄 三枝健人 桜井美咲 大山剛志
1962年 誕生
1980年 警察学校に入り、巡査になる。
1989年 誕生
1995年4月10日 たしろあやかちゃん(10歳)が連れ去られる 小学1年生(6歳)
1995年4月12日 亡くなったたしろあやかちゃんを発見・橋本が指名手配される
  ~~~~~~ 兄が自ら命を絶つ
1997年 城西地区で連続で女性が襲われる事件発生 三枝と初めての交信

4番目の犠牲者について捜査中

1997年4月17日 大山がバスの運転手・田中に事情を聴くが、誰も乗せていないと証言。 大山が木村直也を誤認逮捕・取調べ中になくなる
1997年4月19日 三枝との交信で北野みどりが被害者になると知るが、命は助けられなかった。
1997年4月20日 田中の家を訪れ、息子・仁志を追う。仁志がビルから転落。足に障害を負う。
時間軸 事柄 三枝健人 桜井美咲 大山剛志
1998年3月 連続窃盗事件発生。
白石ともひろが逮捕される
連続窃盗事件を調査中、白石ともひろ宅のクルーザーからコカインの小瓶を発見。青い車の中から窃盗品を押収。
フロッピーを隠す。
中本管理官が野沢議員と会食。
窃盗押収品のフロッピーを大岩の机から回収。
白石ともひろ、不起訴処分
中本が野沢議員と関係していることを知る。フロッピーが中本の手に渡る。
1998年5月6日 窃盗で逮捕された工藤の娘・和美が事故の起きたバスに矢部香織と父が乗り合わせる。

バスの爆発により、テレビで父・工藤が見ている中、なくなる。

連続強盗事件を捜査。
1年ぶりに無線機がつながる、と言う。
2018年の三枝からの手がかりを聞き、工藤が窃盗犯として逮捕される。
時間軸 事柄 三枝健人 桜井美咲 大山剛志
1999年 三枝から武蔵野連続暴行事件について聞き捜査を始める
1999年5月 武蔵野暴行事件が発生する。亮太が主犯とされてしまう。 親戚の家に預けられ、三枝(母の旧姓)と名前を変える 婦人警官として大山と一緒に勤務 武蔵野の事件について捜査。高校生に話を聞く中で、三枝の兄・亮太からも事情聴取をする。
1999年7月20日 涼太が少年院へと連れられて行きました。 連れられて行く亮太に向かって『お兄ちゃんは、はんにんじゃない!』と叫びます。
焼鳥屋でオムライスを食べさせてもらいました。健人はお金を大山が出してくれたことを知りません。 健人のことを心配して、焼鳥屋でオムライスをおごります。
亮太が大山に証拠を渡したいと電話をかけます。
亮太から大山にかかった電話を岩田が聞いていました。
別の事件の捜査発表をします。
その後、大山に映画のチケットを渡します。
別の事件の捜査会議に参加。桜井から映画のチケットを渡されるものの受け取りません。
亮太の所へ、中本が来て麦茶に薬を入れ、カッターで切り傷をつけた。
2000年3月20日 少年院から出た加藤亮太が(自らの命を絶つ)中川に命を奪われる 亡くなっている兄を発見する
中川に亮太から受け取ったカセットテープはどこかと詰め寄ります。
大山との無線機がつながり、4月15日に谷原記念病院に行ってはいけないと伝える。 無線機で亮太を助けられなかったことを謝ります。相手は、桜井。
亮太の部屋で見つかったコップを鑑識へ出し、中本のものと一致する。
2000年4月15日 たしろあやかちゃん事件から5年。大山が谷原記念病院で亡くなった橋本を発見 三枝との交信中に襲われる。
交信の中で、『3年前の私』と言い、銃声がする。(書き換えられる)
岩田、中本、岡本が逮捕される。 縛られて、中本に事件から手を引くように説得されるが、断る。岩田に命を狙われるが、警察官が現れ、一命をとりとめる。桜井を抱きしめる。
2000年4月15日 失踪
数年後 高校生の健人は、焼鳥屋でおかみから警察になったらいいと言われる。
 ~~~~~~
時間軸 事柄 三枝健人 桜井美咲 大山剛志
2010年4月7日 警察官として勤務。23時23分、無線機を発見・1997年の大山と交信し、病院で骨となった人を発見
吉川圭子(長谷川京子)を北海道の警察署敷地内で身柄確保
2010年4月9日 病院で見つけた人骨を橋本と特定。 真犯人が吉本圭子と特定し、身柄確保。
2010年4月10日 たしろあやかちゃん事件時効成立。吉本は、橋本の命を奪った容疑で逮捕。
~~~~~~
 2010年4月27日  長期未解決事件捜査班を設立・時効廃止  プロファイリングを学ぶ 長期未解決事件捜査班に配属
~~~~~~
2015年 三枝の母に荷物を送る。
2018年4月 アメリカから戻り、警部補として長期未解決事件捜査班に配属
8年ぶりの交信・1997年の連続で女性が襲われる事件の5番目の被害者について知らせる
5番目の犠牲者が『未遂』と書き変わる
大山との交信で、北野みどりが被害者となることを告げる
バスの運転手・田中しゅういちを探す。八代英子の住所を訪ね、なくなっている姿で発見。
田中しゅういちが自首。1997年・2018年の事件どちらも自分の犯行と自白。 桜井を救出し、田中仁志の身柄を確保。 一人で田中仁志の身柄確保へ向かい、襲われる。
北野みどりの髪飾りからみどりの血液、田中仁志のDNAを検出。田中仁志を逮捕。
2018年5月 現在が書き変わり、窃盗で工藤逮捕に。
工藤が出所し、矢部香織を誘拐。再逮捕。 冷凍車の爆発事故に巻き込まれ、亡くなってしまいました。(書き換えられる)
 岩田の娘がなくなる。
三枝が、加藤りょうたの弟で有ることを中本と岩田が知る。
中本に『終わりにする。』と告げる。
岩田が腹を刺される。
工藤は、矢部香織の父親を刺し服役。獄中で亡くなる。
 1999年の大山に武蔵の集団暴行事件について兄が関わっていると話す。 1998年に白石ともひろが逮捕されたことにより、生きている。
2000年4月15日に大山は失踪した。大山が関与した収賄事件には何か理由があるという。
岩田がある血液検査を城西病院に依頼。結果は受け取らず。
時間軸 事柄 三枝健人 桜井美咲 大山剛志
 2018年5月24日  岩田部長が腹を刺されて亡くなる   岡本の別荘で大山の白骨を見つける。
子供の頃通った焼き鳥屋でおかみに警察官になったことを報告。大山がお金を出してくれていたことを知る。
1999年の大山に幸せでいて欲しい告げる。
井口奈々から事件について話を聞く。 井口奈々から話を聞き、兄・亮太が自ら命を絶ったのではないと考え始める。
岩田が出した城西病院での血液検査の結果を受け取る。兄の血液から精神安定剤と抗血液凝固剤の成分が検出される。
11時23分 桜井のいる前で大山と無線機がつながる。
三枝に逮捕状が出る 岩田の命を奪った容疑で、逮捕状が出ました。(書き変わる)
岡本が何者かに命を奪われる。 岡本から電話がかかっており、待ち合わせ場所を指定され、落ち合う。桜井をかばい、何者かに撃たれて危険な状態に。(書き変わる) 岡本を見つけ、大山について聞きだす。何者かに銃を向けられる。
母親と共に暮らす。15年前、母が大山からの荷物を受け取る。荷物の消印の場所へ行き、桜井と会う。 18年間大山を探し続けている。
時間軸 事柄 三枝健人 桜井美咲 大山剛志

 

過去が変わることで、現在の状況も大きく変わっていましたね。もう何が何やら、分からなくなってきました。わが家の娘はストーリーについていけなくなりました。

最終回では、現在と過去が交錯して、ストーリーが難しかったですね。荷物が送られた時期など、大山が現在にも生きていそうな手がかりがありましたね。面白いドラマでした。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link