アレクサンドラ・クルニッチのかわいい画像と動画!美人プロテニスプレーヤー

アレクサンドラ・クルニッチ

プロテニスプレーヤーの伊達公子選手が、昨日(2017年9月12日)二度目の引退をされました。

アレクサンドラクルニッチとの最後の試合を終えた伊達さん。

たくさんの仲間やファンに囲まれてのセレモニーでは、多くの方が涙したのではないでしょうか。

笑いあり、涙ありの素晴らしいセレモニーを試合相手のアレクサンドラ・クルニッチ選手も温かく、見守っていたことと思います。

そんな、セルビアのアレクサンドラ・クルニッチ選手。

伊達公子選手との試合が決まった直後、コート中央へ向かう途中握手前に伊達選手にバンダナを外し、一礼したそうです。

その姿に、熱く心を打たれました。

かわいいだけじゃなく、思慮深くて温かい人柄の、アレクサンドラ・クルニック選手を見ていきましょう。


Sponsored Link

 

アレクサンドラクルニッチの画像と動画

ロシア生まれの美人で可愛いアレクサンドラ・クルニッチ。

身長は、165cmだそう。

でも、コートに立つとそんな身長は気にならないくらい、思い切ったプレーをします。

そんなクリニッチの試合の様子や練習の様子をまずは、画像で見ていきましょう。

ピンクのユニフォームが、かわいらしいアレクサンドラ・クルニッチの雰囲気にぴったり。

こちらは、ちょっと大人っぽい雰囲気のパープルに黒と白の切り替えの入ったユニフォーム。

アレクサンドラは、24歳だそう。

こんな大人っぽい配色も似合いますね。

そして、練習では、こんなにラフなトレーニングウエア。

ただのTシャツにショートパンツ、それもグレーのいたって普通のウエア。

なのに、クリニッチが着ると、その可愛さが引き立ちます。

水を飲む姿も様になってる気がします。

 

そろそろ、動くアレクサンドラ・クルニッチ選手が見たくなってきましたよね。

動画はこちらです。

ジェレナ・オスタペンコ(ラトビア・1997年6月8日生まれ)との試合。

ジェレナ・オスタペンコは、
2017年9月11日ウィメンズテニスアソシエーション(WTA)でシングル世界ランキング10位、
2017年6月19日WTAダブルス世界ランキング32位になっている選手です。

 

アレクサンドラ・クルニッチが美人で可愛い理由

アレクサンドラ・クルニッチは、美人が多いことで有名なロシアの出身。

先日行われたバレーボールのグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)2017でも、ロシア選手たちの美しさは、周知の事実ですよね。

バレーボールロシア代表選手と言えば、背番号8番をつけていたナタリア・ゴンチャロワや、15番タチアナ・コシェレワ、14番イリナ・フェティソワなど誰をとっても美人ばかり。

肌が白くて手足の長いロシア選手たち。

テニスのアレクサンドラ・クルニッチも例外ではありません。

アレクサンドラ・クルニッチは、ロシアのモスクワ生まれ。

今は、セルビアで祖父母と暮らしています。

バレーボール選手たちは、190cmを超える長身の選手たちでしたが、アレクサンドラ・クルニッチは、165cmとスポーツ選手としては小さめ。

ですが、手足が長くバランスがいいのは、さすがロシア生まれと言ったところ。

なぜ、ロシアの女性は美しいのか?

それは、寒い地域に住むので汗腺があまり発達していなくて、肌のきめが整っていているから。

日本でも、『秋田美人』って言いますよね。

秋田の平均日照時間は、日本で一番少ないそうです。

日に当たることが少ないので、肌が老化しにくく、しわになりにくい。

日に焼けることは、肌の老化を早め、しわを作ります。

ロシアに住む選手たちが美しい一因は、『寒い地域だから』かもしれません。


Sponsored Link

 

アレクサンドラ・クルニッチの次の対戦相手は、加藤未唯

二度目の引退を決めた伊達公子選手、46歳だそうです。

体の痛みをこらえての戦いでした。

ワイルドカードで参加する選手は、棄権することが多い中、伊達公子選手の戦う姿勢は、とても清々しいものでした。

伊達公子選手との試合を制したアレクサンドラ・クルニック選手。

次の対戦相手は、加藤未唯選手。

日本選手との戦いが続く、アレクサンドラ・クルニック選手。

これからの試合も、目が離せません。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

プロテニス伊達公子と対戦するアレクサンドラ・クルニッチがかわいい!画像とプロフィール

 

ナタリア・ゴンチャロワ8番/ロシアバレーボール女子選手の美女がすごい!

Sponsored Link