体操世界選手権|歴代優勝男子選手たちと内村航平・白井健三の結果は?

世界体操

2017年10月2日から体操の世界選手権がカナダのモントリオールで行われます。

日本代表に選ばれた男子体操選手は、このようになっています。

個人総合…
内村航平 選手 (リンガーハット)
白井健三 選手(日体大)

種目別…
亀山耕平 選手(徳洲会体操クラブ)あん馬
谷川 航 選手(順天堂大学)跳馬
安里圭亮 選手(相好クラブ)床運動
宮地秀享 選手(茗渓クラブ)鉄棒

内村選手は、オレグ・ベルニャエフ選手のが上に行くんじゃないかな、とコメント。オレグ・ベルニャエフ選手が仮に『上』に行ったとすると、内村選手の連覇は、『6』でストップします。

まだまだ内村選手には、頑張って欲しいですね。そんな内村選手のように、過去にも過酷なトレーニングを乗り越えて世界一になった選手たちがたくさんいます。

どんな選手がいるのでしょう。現在はどうされているのでしょう。1990年代からのメダリストたちを見ていきましょう。

Sponsored Link

 

世界選手権金メダリストの歴代選手は?

体操世界選手権の歴代の選手には、誰がいるのでしょう。体操は、とても歴史ある競技のうちのひとつ。

さかのぼっていったら、切りがないくらいのメタリスト達がいます。ここでは、1990年代からの歴代選手たちを見ていきましょう。

 

1990年代 男子体操歴代選手

1991年 グリゴリー・ミシューチン

 

1993年 ビタリー・シェルボ(ベラルーシ/1972年1月13日生 45歳)

1992年バルセロナオリンピックで、個人総合・平行棒・あん馬・つり輪・跳馬・団体総合と6つのメダルを獲得した。
6つのメダル獲得は、体操の世界最高記録。

ビタリーシェルボ

1996年アトランタオリンピックでは、個人総合・鉄棒・平行棒・跳馬の4つの銅メダル獲得。

世界選手権では、1991年から1996年の間に、金メダル12個・銀メダル6個・銅メダル5個の合計23個ものメダルを獲得。こちらもメダル獲得の世界最多記録だそう。

現在は、家族とともにアメリカ・ラスベガス在住、体操教室を運営しているそう。

 

1994年 イワン・イワンコフ

 

1995年 李小双(中国・1973年11月1日生 43歳)

1992年バルセロナオリンピックで、金メダル(ゆか・つり輪)、銀メダル(団体)を獲得。

1996年アトランタオリンピックでは、金メダル(個人総合)、銀メダル(団体・ゆか)を獲得。

世界体操選手権では、1991年団体で銀メダル、1994年団体で金メダル、跳馬で銀メダルを獲得。

1995年には、団体と個人総合で金メダル、床で銀メダルを獲得しています。

1995年には、歌手としてデビューしているそうです。

李小双

 

1997年 イワン・イワンコフ

 

1999年 ニコライ・クルコフ

 

2000年代 男子体操歴代選手

2001年 馮敬

 

 

2003年 ポール・ハム(アメリカ・1982年9月24日生 34歳)

2004年アテネオリンピックでは、個人総合で金メダル、団体と鉄棒で銀メダルを獲得。

世界選手権では、2001年団体で銀メダル、2002年団体で銅メダル、2003年団体で銀メダル、床と個人総合で金メダルを獲得しています。

アメリカでの個人総合優勝は、アメリカ男子選手初のことだそう。

ポール・ハム

現在は、オハイヨ州立大学のアシスタントコーチ。

Sponsored Link

 

2005年 冨田洋之(日本・1980年11月21日生 36歳)

世界選手権では、2003年個人総合と団体で銅メダル獲得。

2005年個人総合で金メダル、2006年個人総合と平行棒で銀メダル、2007年団体で銀メダル獲得されています。

富田洋之

オリンピックでは、2004年団体で金メダル、平行棒で銀メダル、2008年団体で銀メダルを獲得しています。

現在は、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科助教。

 

 

2006年~2007年  楊威(中国・1980年2月8日生 37歳)

オリンピックでは、2000年団体総合で金メダル、個人総合で銀メダルを獲得。

2008年団体総合・個人総合で金メダル、つり輪で銀メダルを獲得しています。

ようい

世界選手権では、1999年団体総合で金メダル、鉄棒で銅メダル。

2002年個人総合で銅メダル、2003年団体総合で金メダルを獲得。

2006年団体総合・個人総合・平行棒で金メダルを獲得。

2007年団体総合・個人総合で金メダルを獲得しています。

2008年5月の四川大地震の際、被災した四川省に寄付する為、つり輪で獲得した銀メダルをオークションに出品したそう。

2008年にシドニーオリンピック女子体表代表選手の楊雲さんと結婚されています。

中国国内でのニックネームは、『体操王』。

 

2009年~2015年 内村航平 (1989年1月3日生 28歳)

福岡県北九州市生まれ。

内村航平

お父さんは、内村和久さん。
柳川高校、日本体育大学体操競技部出身、高校総体種目別で優勝。

お母さんは、内村周子さん。日体大出身、元体操選手。

世界選手権個人総合6連覇を成し遂げており、2017年は7連覇がかかっています。
 

 

2017年世界選手権結果|優勝は中国、内村航平は?

世界選手権の歴代の体操選手たちは、超人的な選手がそろっていましたね。内村航平選手は2017年優勝できれば、7連覇でした。ですが、跳馬の着地の際に足首を怪我してしまい、途中棄権となりました。

残念ながら7連覇はなりませんでした。オレグ・ベルニャエフ選手が上に行くんじゃないかな、と言われていた内村選手でしたが、残念でした。

2017年世界選手権男子は、このような結果になりました。

個人総合
第1位…肖若騰(中国)/第2位…林超攀(中国)/第3位…白井健三(日本)

ゆか
第1位…白井健三(日本)/第2位…アーテム・ドルゴピアト(イスラエル)/第3位… ユル・モルダウアー
(アメリカ合衆国)

あん馬
第1位… マックス・ウィットロック(イギリス)/第2位…ダビド・ベルヤフスキー(ロシア)/第3位… 肖若騰(中国)

つり輪
第1位… エレフテリオス・ペトロニアス(ギリシャ)/第2位…デニス・アブリャジン(ロシア)/第3位…劉洋(中国)

跳馬
第1位…白井健三(日本)/第2位…イゴール・ラジビロフ(ウクライナ)/第3位…キム・ハンソル(韓国)

平行棒
第1位…鄒敬園(中国)/第2位… オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)/第3位…ダビド・ベルヤフスキー(ロシア)

鉄棒
第1位…テン・スルビッチ(クロアチア)/第2位…ユプケ・ゾンダーランド(オランダ)/第3位…バート・ドゥーロー(オランダ)

 

2018年の世界選手権は、カタール・ドーハで10月25日~11月3日に行われます。日本代表となった内村航平選手と白井健三選手。海外選手の中で頑張って欲しいと思います。

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link