2017カナダ結果速報! 男子フィギュアスケートSPショート滑走時間と順位,宇野選手の動画も

カナダ大会

フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦カナダ大会の行われるカナダと日本では、時差が15時間あります。

15時間日本が進んでいます。

カナダ大会に出場する宇野昌磨選手。

試合1週間前の10月20日にカナダ・レジャイナへ出発したそうです。

少し早い気もしますが、時差ボケの調整をするためだそう。

こうして早くに出発して時差を調整してから試合に臨むようになってから、良い成績が残せているそうです。

演技の中で予定されていた4回転サルコウを難度を落とし、3回転ループにする予定だそう。

無理をしてけがをしても元も子もないので、今できることを精いっぱいやって欲しいと思います。

宇野昌磨選手も出場する2017カナダ大会。

日本からは、本田真凜選手に、無良崇人選手、本郷理華選手も出場します。

出場する全12選手のプロフィールや画像、

ショートプログラム滑走順や演技時間を見ていきましょう。


Sponsored Link

 

Contents

結果・男子ショートプログラム順位/グランプリシリーズ第2戦カナダ大会

第1位 宇野昌磨/Shoma UNO 日本 103.62

第2位 パトリック・チャン/Patrick CHAN カナダ 94.43

第3位 ジェイソン・ブラウン/Jason BROWN アメリカ 90.71

第4位 アレクサンダー・サマリン/Alexander SAMARIN ロシア 84.02

第5位 キーガン・メッシング/Keegan MESSING カナダ 82.17

第6位 ヨリック・ヘンドリックス/Jorik HENDRICKX ベルギー 82.08

 

第7位 ミハル・ブジェジナ/Michal BREZINA チェコ共和国 80.34

第8位 無良崇人/Takahito MURA 日本 74.82

第9位 ニコラス・ナドー/Nicolas NADEAU カナダ 74.23

第10位 ポール・フェンツ/Paul FENTZ ドイツ 68.48

第11位 チャン・ジュンファン/Jun Hwan CHA 韓国 68.46

第12位 ブレンダン・ケリー/Brendan KERRY オーストラリア 63.19

 

カナダ大会

 

 カナダ大会2017男子フィギュアスケート出場選手 プロフィール画像とランキング&放送時間、ライブ配信も

フィギュアスケート2017カナダ大会・男子シングルSP滑走順と演技時間

第1グループ ショートプログラム滑走順&演技目安時間

8:57 ~ 9:04 第1グループ ウォームアップWarm-up Group 1

9:04 ~  9:11  1 キーガン・メッシング/Keegan MESSING カナダ
9:11 ~  9:17  2 ニコラス・ナドー/Nicolas NADEAU カナダ
9:17 ~  9:24  3 ポール・フェンツ/Paul FENTZ ドイツ
9:20 ~  9:30  4 チャン・ジュンファン/Jun Hwan CHA 韓国
9:30 ~  9:37  5 ブレンダン・ケリー/Brendan KERRY オーストラリア
9:37 ~  9:43  6 無良崇人/Takahito MURA 日本

第2グループ ショートプログラム滑走順&演技目安時間

9:43 ~  9:50 第2グループ ウォームアップWarm-up Group 2

9:51 ~  9:57  7 ミハル・ブジェジナ/Michal BREZINA チェコ共和国
9:57 ~  10:04  8 ヨリック・ヘンドリックス/Jorik HENDRICKX ベルギー
10:04 ~ 10:10  9 アレクサンダー・サマリン/Alexander SAMARIN ロシア
10:10 ~ 10:17 10 ジェイソン・ブラウン/Jason BROWN アメリカ
10:17 ~ 10:23 11 パトリック・チャン/Patrick CHAN カナダ
10:23 ~ 10:30 12 宇野昌磨/Shoma UNO 日本

 

ライブ配信/FS LIVE(YouTube)

ユーチューブの『FS LIVE』というチャンネルで、男子フィギュアスケートの競技の模様をライブ配信しています。

https://www.youtube.com/watch?v=raRzFnumaa0

 

暫定順位 ※ただ今更新中→終了します。ありがとうございました。

11人の演技が終わった時点の順位です。

第1位 宇野昌磨/Shoma UNO 日本 103.62
第2位 パトリック・チャン/Patrick CHAN カナダ 94.43
第3位 ジェイソン・ブラウン/Jason BROWN アメリカ 90.71

第4位 アレクサンダー・サマリン/Alexander SAMARIN ロシア 84.02
第5位 キーガン・メッシング/Keegan MESSING カナダ 82.17
第6位 ヨリック・ヘンドリックス/Jorik HENDRICKX ベルギー 82.08

第7位 ミハル・ブジェジナ/Michal BREZINA チェコ共和国 80.34
第8位 無良崇人/Takahito MURA 日本 74.82
第9位 ニコラス・ナドー/Nicolas NADEAU カナダ 74.23

第10位 ポール・フェンツ/Paul FENTZ ドイツ 68.48
第11位 チャン・ジュンファン/Jun Hwan CHA 韓国 68.46
第12位 ブレンダン・ケリー/Brendan KERRY オーストラリア 63.19

 

 

本田真凜 新SPショートプログラム曲『ザ・ギビング』楽譜通販とアーティストのプロフィール&発売はいつからされていたの?


Sponsored Link

 

宇野昌磨選手の調子はどう? CSロンバルディア杯2017の動画

SPショートプログラム

先月9月に開催されたロンバルディア杯の演技です。

ショートプログラムスコア…104.87。

オリンピックシーズンの2017/2018のスタートに、ものすごいスコアを出した宇野昌磨選手。

 

FSフリースケーティング

フリーでは、214.97というスコア。

この大会で宇野昌磨選手は、319.84というスコアを出し、パーソナルベストスコアと更新しました。

2018平昌オリンピックの表彰台へ、一歩近づきました。

 

宇野昌磨選手の調子が上がってきていることは証明できたので、グランプリシリーズ第2戦カナダ大会では無理をせず、4回転ジャンプを3回転ジャンプにすると明言しています。

グランプリシリーズカナダ大会、表彰台の一番高いところに上がるのは、宇野昌磨選手になるんじゃないかと予想しています。

 

カナダ大会2017女子フィギュアスケート出場選手プロフィール画像一覧とランキング&放送時間

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 

Sponsored Link