本田真凜ファイナル進出は?グランプリシリーズ2017男女第2戦ポイント表

      2017/11/23

2017年のグランプリシリーズ、ロシア大会、カナダ大会が閉幕しました。

11月3日からは、中国北京で行われる第3戦・中国大会が開催されます。

ファイナル進出をかけたグランプリシリーズ。

順位に応じたポイントを獲得し、ファイナルへと駒を進めます。

上位入賞者はよりファイナルへと近くなり、そうでない選手はより遠くなっていく。

日本人選手のグランプリファイナル進出の可能性は、どのようになっているのでしょうか。

グランプリファイナル進出へのポイント獲得のルールと、

各選手の獲得ポイントを見ていきましょう。

グランプリシリーズ2017男女ポイント表(第3戦中国杯終了)フィギュア樋口新葉のファイナル出場は?


Sponsored Link

 

グランプリシリーズポイント獲得のルール

グランプリシリーズは、ロシア大会、カナダ大会、中国大会、日本大会、フランス大会、アメリカ大会の全6戦。

この6戦のうち2戦に出場し、獲得ポイントの多い選手がファイナルへ出場できます。

6戦のうちのどの大会に出場するのかは、前年度の世界選手権の順位に応じて決められます。

強い選手ばかりが集まらないように考えられています。

 

グランプリシリーズの各大会には、順位に応じてポイントが決められています。

このポイントを多く獲得した選手に、グランプリファイナルへの出場権があります。

各順位のポイントはこのようになっています。

順位 ポイント
第1位 15ポイント
第2位 13ポイント
第3位 11ポイント
第4位 9ポイント
第5位 7ポイント
第6位 5ポイント
第7位 4ポイント
第8位 3ポイント

第8位までの選手はポイントを獲得できます。

 

『フィギュアスケートグランプリシリーズ2017』って何?歴代男子女子ファイナル出場者も。

 

 

男子シングルポイント獲得状況 ※第2戦カナダ大会終了時点

グランプリシリーズ第2戦カナダ大会終了時点の男子シングルは、このようになっています。

『×』印は、出場が予定されている大会です。

 男子シングル 国名 ①ロシア大会 ②カナダ大会 ③中国大会 ④日本大会 ⑤フランス大会 ⑥アメリカ大会 合計
宇野 昌磨 日本 15 × 15
ネイサン・チェン アメリカ 15 × 15
羽生 結弦 日本 13 × 13
ジェイソン・ブラウン アメリカ 13 × 13
ミハイル・コリヤダ ロシア 11 × 11
アレクサンダー・サマリン ロシア 11 × 11
ミーシャ・ジー ウズベキスタン 9 × 9
パトリック・チャン カナダ 9 × 9
モリス・クヴィテラシヴィリ ジョージア 7 × 7
10 ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 7 × 7
11 ドミトリー・アリエフ ロシア 5 × 5
12 ミハル・フジェジナ チェコ共和国 5 × 5
13 ナム・グエン カナダ 4 × 4
14 ニコラス・ナドー カナダ 4 4
15 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 3 × 3
16 キーガン・メッシング カナダ 3 3
17 デニス・テン カザフスタン 0 × 0
18 チャン・ジュンファン 韓国 0 × 0
19 アンドレイ・ラズキン ロシア 0 0
20 ポール・フェンツ ドイツ 0 0
21 グランド・ホッホスタイン アメリカ 0 × 0
22 ブレンダン・ケリー オーストラリア 0 0
23 無良 崇人 日本 0 × 0
24 ダニエル・サモーヒン イスラエル 0 × 0

第1戦ロシア大会、第2戦カナダ大会に出場した選手のポイントを記載しています。

男子は、スペインのハビエル・フェルナンデス選手も上位に名を連ねてくるはず。

ハビエル・フェルナンデス選手は、第3戦中国大会と第5戦フランス大会に出場します。

男子女子ともに20点未満だと、グランプリファイナル進出は難しいようです。

 


Sponsored Link

 

女子シングルポイント獲得状況 ※第2戦カナダ大会終了時点

グランプリシリーズ第2戦カナダ大会終了時点の女子シングルは、このようになっています。

『×』印は、出場が予定されている大会です。

女子シングル 国名 ①ロシア大会 ②カナダ大会 ③中国大会 ④日本大会 ⑤フランス大会 ⑥アメリカ大会 合計
エフゲニア・メドベージェワ ロシア 15 × 15
ケイトリン・オズモンド カナダ 15 × 15
カロリーナ・コストナー イタリア 13 × 13
マリナ・ソツコワ ロシア 13 × 13
樋口新葉 日本 11 × 11
アシュリー・ワグナー アメリカ 11  × 11
エレーナ・ラジオノワ ロシア  9 × 9
コートニー・ヒックス アメリカ 9 9
坂本 花織 日本  7  × 7
10 本田 真凜 日本 7 × 7
11 マライヤ・ベル アメリカ  5 × 5
12 本郷 理華 日本 5 × 5
13 ヴァレリア・ミハイロワ ロシア  4 4
14 カレン・チェン アメリカ 4 × 4
15 エリザベータ・トゥクタミシェワ カザフスタン  3  × 3
16 ロリーヌ・ルカヴァリエ フランス 3 × 3
17 長洲 未来 アメリカ  0 × 0
18 アンナ・ポゴリラヤ ロシア  0 × 0
19 ニコール・ショット ドイツ 0 0
20 カイラーニ・クレイン オーストラリア 0 0
21 マエ・ベレニス・メイテ フランス 0 × 0
22 アレーヌ・シャルトラン カナダ 0  × 0
23 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 0 0
24 ラーキン・オースマン カナダ 0 0

第1戦ロシア大会、第2戦カナダ大会に出場した選手のポイントを記載しています。

日本の宮原知子選手は、第4戦日本大会と第6戦アメリカ大会に出場。

上位の成績を修めて、ファイナル進出してほしいと思います。

 

カナダ大会のショートプログラムで第10位と大きく崩れた本田真凜選手。

フリーでは第3位まで巻き返しましたが、結果第5位という成績でした。

本田真凜選手の第1戦獲得ポイントは、7ポイント。

次の中国大会で、優勝し15ポイント獲得すると、22ポイント。

ギリギリ、ファイナルの可能性もないこともないかもしれません。

昨年、宮原知子選手がグランプリシリーズ第6位でファイナル進出を勝ち取った時のポイントは24ポイント。

22ポイントで進出できるかも微妙なラインと言えそうです。

 

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 - スポーツ選手, スケート 2017, フィギュア, スケート, 可能性, 本田, 真凜, グランプリ, シリーズ, ポイント, ファイナル, , , , 第2戦, 終了, 進出