ファイナル出場は誰?グランプリシリーズアメリカ2017男子フリー結果&滑走順

      2017/11/26

フィギュアスケートグランプリファイナルに向けてのグランプリシリーズもアメリカ大会を残すのみとなりました。

女子シングルは5枠が決定し、残るはあと1枠。

男子シングルは2枠が決定し、残るはあと4枠。

どの選手が何位になったら、ジェイソンブラウン選手とタイブレークでどちらがファイナルへとか、

どうなったら、ハビエル・フェルナンデス選手がファイナル確定するとか、考え出したら止まりません。

試合が始まってみないとわかりませんが、誰がファイナル進出するか考えてみましょう。

そして、男子シングルのFSフリースケーティングの滑走順や結果をお伝えします。


Sponsored Link

 

グランプリファイナルに近い選手と条件は?タイブレークはスコアで!

グランプリファイナル出場に近い選手

グランプリシリーズ第1戦でポイントを獲得している選手はこのようになっています。

15ポイント/第1位 … ネイサン・チェン(アメリカ)、セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
13ポイント/第2位 … アダム・リッポン(アメリカ)、ボーヤン・ジン(中国)

7ポイント/第5位 … ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)、ピン・イン(中国)
3ポイント/第8位 … ケヴィン・レイノルズ(カナダ)

15ポイント獲得している選手は、表彰台に上がることが出来れば、ファイナル確定となります。

13ポイント獲得している選手は、第4位になってしまうと22ポイントで、ジェイソン・ブラウン選手と同じポイント数になってしまいます。

ポイント数が同じ場合は、タイブレークとなります。

 

タイブレークのルールとは?

順位に応じたポイントが同数の場合は、タイブレークとなります。

タイブレークの時は、グランプリシリーズ全2戦のスコア(点数)を足して、多い方がファイナル確定となります。

 

13ポイント獲得している2選手は、24ポイント獲得できるよう第3位以内に入りたいですね。

ジェイソン・ブラウン選手の点数(スコア)は、507.09。

もしも、アダム・リッポン(アメリカ)選手がタイブレークとなった場合は245.10、ボーヤン・ジン(中国)選手は242.61、セルゲイ・ボロノフ(ロシア)選手は235.97、ネイサン・チェン(アメリカ)213.30よりも上のスコアを出せばファイナル確定します。

 

もし、大きく崩れる選手が続出するとハビエル・フェルナンデス選手の20ポイントでもタイブレークとなる可能性も。

ハビエル・フェルナンデス選手の点数(スコア)は、536.77。

ジェイソンブラウン選手よりも30点近くも高い点数です。

ハビエル・フェルナンデス選手とタイブレークで争そわないでいいように、上位に入賞してファイナル進出を決めたいところですね。

22ポイントのジェイソン・ブラウン選手と
20ポイントのハビエル・フェルナンデス選手とタイブレークとなった場合。

表のスコア(点数)より少ないとジェイソン・ブラウン選手、ハビエル・フェルナンデス選手のが上位に行くことになります。

ジェイソンブラウン
(アメリカ)
22ポイント
ハビエルエルナンデス
(スペイン)
20ポイント
ネイサンチェン
(アメリカ)
213.30 242.98
セルゲイボロノフ
(ロシア)
235.97 265.65
ボーヤンジン
(中国)
242.61 272.29
アダムリッポン
(アメリカ)
245.10 274.78
ピンイン
(中国)
252.48 282.16
ヨリックヘンドリックス
(ベルギー)
269.78 299.46
ケヴィンレイノルズ
(カナダ)
280.59 310.27

 

男子FSフリースケーティング滑走順と演技目安時間/アメリカ大会2017グランプリシリーズ

第1グループ FSフリースケーティングプログラム滑走順と演技時間

日本時間で表記しています。

5:57頃~  第1グループウォームアップ

6:04頃~  1 リアム・ファイラス Liam FIRUS カナダ
6:12頃~  2 ケヴィン・レイノルズ Kevin REYNOLDS カナダ
6:21頃~  3 マキシム・コフトゥン Maxim KOVTUN ロシア
6:29頃~  4 無良崇人 Takahito MURA 日本Takahito MURA JPN
6:37頃~  5 ローマン・サドフスキー Roman SADOVSKY カナダ
6:46頃~  6 ロス・マイナー Ross MINER アメリカ

 

第2グループ FSフリースケーティングプログラム滑走順と演技時間

6:54頃~  第2グループウォームアップ

7:02頃~  7 ボーヤン・ジン Boyang JIN 中国
7:10頃~  8 ダニエル・サモーヒン Daniel SAMOHIN イスラエル
7:18頃~  9 ピン・イン Han YAN・閻 涵(えん かん)中国
7:27頃~  10 セルゲイ・ボロノフ Sergei VORONOV ロシア
7:35頃~  11 アダム・リッポン Adam RIPPON アメリカ
7:43頃~ 12 ネイサン・チェン Nathan CHEN アメリカ

 

グランプリファイナル2017/日程や滑走順&出場条件は?男子女子ジュニアやペア&ダンスも


Sponsored Link

 

結果速報!男子シングルFSフリースケーティング順位/アメリカ大会2017グランプリシリーズ

男子シングルFSフリーの結果が出ました。

第1位 ネイサン・チェン Nathan CHEN アメリカ 275.88
第2位 アダム・リッポン Adam RIPPON アメリカ 266.45
第3位 セルゲイ・ボロノフ Sergei VORONOV ロシア 257.49
第4位 ボーヤン・ジン Boyang JIN 中国 246.03
第5位 ピン・イン Han YAN・閻 涵(えん かん)中国 246.03
第6位 ロス・マイナー Ross MINER アメリカ 219.62
第7位 無良崇人 Takahito MURA 日本 212.77
第8位 リアム・ファイラス Liam FIRUS カナダ 210.83
第9位 ローマン・サドフスキー Roman SADOVSKY カナダ 200.10
第10位ケヴィン・レイノルズ Kevin REYNOLDS カナダ 204.05

棄権/マキシム・コフトゥン Maxim KOVTUN ロシア
棄権/ダニエル・サモーヒン Daniel SAMOHIN イスラエル

 

第2位となったアダムリッポン選手、前半のジャンプで右手をつき、肩を気にする様子が見られました。

その後も右肩に度々手をやる姿が見受けられました。

痛めていないといいですが。

 

第1位となったネイサン・チェン選手。

珍しくジャンプでのミスがありました。

本人ももちろん納得がいかない様子で、キス&クライに戻ってからコーチに「Sorry.」と。

コーチも何度も「It's OK.」と繰り返している場面が印象的でした。

 

誰もが、今シーズンの最大の目標は、2018年2月に行われる平昌オリンピックだと思います。

怪我の無いよう2017/2018シーズンを過ごしてほしいです。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 - スケート, スポーツ選手 , シングル, 2017, アメリカ, 男子, 出場, グランプリ, シリーズ, ファイナル, FS, フリー, 大会, 結果, 滑走順