樋口新葉ファイナル出場は?アメリカ大会2017女子フリー結果&滑走順

      2017/11/27

グランプリシリーズ第6戦アメリカ大会。

泣いても笑っても、アメリカ・レイクプラシッドでの戦いで2017年のグランプリファイナル出場選手が決まります。

女子シングルの残る枠は1枠。

女子たちの熱い戦いが繰り広げられます。

少しでも演技基礎点の高いジャンプやスピン・ステップ。

そして少しでもGOE(出来栄えを評価した点数)をもらいたい。

ジャンプも出来るだけ点数が1.1倍となる後半へ。

獲得ポイント次第では、タイブレークへ持ち越され、演技の点数(スコア)での評価となります。

アメリカ大会に出場する坂本花織選手、11月18日からの全兵庫選手権では優勝しました。

後半のジャンプで点数を稼ぎたいところですが、気力体力のある前半に三回転ループを入れることにしたそうです。

点数は欲しい、でも後半のジャンプは気力体力的にきつい。

女子シングルの表彰台に上がる条件となってきている点数は、200点。

日本女子選手にとって、200点という点数は大きな壁のようです。

このページでは、アメリカ大会の女子シングル・フリーFSの滑走順や結果速報を書いていきます。


Sponsored Link

 

樋口新葉選手のファイナル進出の条件とは?…追記あり

樋口新葉選手がファイナル出場できるのか。

それが気になってしょうがない今日この頃。

日本で行われるグランプリファイナルは、今後しばらくありません。

男子は宇野昌磨選手が出場を決めてくれましたが、女子選手にも日本ガイシホールで演技してほしいと思います。

アメリカ大会のFSフリーの結果から目が離せません。

 

残りの1枠。

ロシアのポリーナ・スルツカヤ選手かアメリカのアシュリー・ワグナー選手が第1位になった場合、その選手がファイナル出場となります。

もし、ポリーナ・ツルスカヤ選手もアシュリー・ワグナー選手も3位以下となった場合は、樋口新葉選手のファイナル出場が決まります。

どのような結果になるのでしょうか。

樋口新葉ファイナル進出の可能性は? ツルスカヤとワグナー次第? それとも…。

 

2017年11月26日追記:

もしかしたら、本当にポリーナ・スルツカヤ選手もアシュリー・ワグナー選手も3位までに入らない。

そんな可能性も出てきた女子シングルショートの結果です。

宮原知子選手の調子が戻ってきて本当に良かったと思います。

そして、坂本花織選手も笑顔でショートを終えられて、本当に良かった。

キス&クライで得点が出た時の、坂本選手の驚きが可愛らしかったです。

宮原選手も坂本選手もフリーでは、色んなプレッシャーがあると思いますが、自分の為に全力で演技してほしいと思います。

頑張って!

 

2017年11月27日追記:

宮原知子選手と坂本花織選手、本当にお疲れさまでした。

第1位と第2位を日本人選手が獲得する、最高の結果となりました。

これで樋口新葉選手のファイナル出場が確定となりました。

十数年ぶりに日本人女子ファイナル出場を逃すのか、との報道があり、宮原知子選手と坂本花織選手にとっては、プレッシャーのある中での大会となったかもしれません。

ですが、本当にいい演技でとても嬉しくなりました。

その陰で、アシュリー・ワグナー選手が演技途中で棄権。

足の傷が化膿しており、アメリカ大会前は十分な練習が出来ていなかったそうです。

これ以上の危険を冒してまで、グランプリシリーズを戦うことより、全米選手権で上位に入り、平昌オリンピックへ出場したい。

そう考えたのかもしれません。

アメリカ女子シングルの平昌オリンピック出場枠は3枠。

2018年2月の韓国平昌オリンピックでのアシュリー・ワグナー選手の演技、楽しみにしたいと思います。

 

結果速報!女子シングルFSフリースケーティング順位/アメリカ大会2017グランプリシリーズ

 

第1位 宮原知子 Satoko MIYAHARA/日本 214.03
第2位 坂本花織 Kaori SAKAMOTO/日本 210.59
第3位 ブラディー・テネル Bradie TENNELL/アメリカ 204.10

第4位 ポリーナ・ツルスカヤ Polina TSURSKAYA/ロシア 195.56
第5位 セラフィマ・サカノビッチ Serafima SAKHANOVICH/ロシア 189.75
第6位 ガブリエル・デールマン Gabrielle DALEMAN /カナダ 189.14

第7位 アリョーナ・レオノワ Alena LEONOVA/ロシア 185.93
第8位 カレン・チェン Karen CHEN/アメリカ 182.80
第9位 ニコル・ラジコワ(ライチョヴァー) Nicole RAJICOVA/スロバキア 167.61
第10位 シァンニン・リー Xiangning LI /中国 164.32

棄権 アシュリー・ワグナー Ashley WAGNER/アメリカ

アシュリーワグナーが棄権した理由とは?アメリカ大会までの経緯と目標


Sponsored Link

 

 

女子FSフリースケーティング滑走順と演技目安時間/アメリカ大会2017グランプリシリーズ

第1グループ FSフリースケーティングプログラム滑走順と演技時間

6:07 第1グループウォームアップ

6:15  1  ニコル・ラジコワ(ライチョヴァー) Nicole RAJICOVA/スロバキア
6:23  2  シァンニン・リー Xiangning LI /中国
6:31  3  アリョーナ・レオノワ Alena LEONOVA/ロシア
6:39  4  ポリーナ・ツルスカヤ Polina TSURSKAYA/ロシア
6:47  5  カレン・チェン Karen CHEN/アメリカ

第2グループ FSフリースケーティングプログラム滑走順と演技時間

6:55  第2グループウォームアップ

7:03  6  ブラディー・テネル Bradie TENNELL/アメリカ
7:11  7  アシュリー・ワグナー Ashley WAGNER/アメリカ
7:19  8  セラフィマ・サカノビッチ Serafima SAKHANOVICH/ロシア
7:27  9  坂本花織 Kaori SAKAMOTO/日本
7:35  10  ガブリエル・デールマン Gabrielle DALEMAN /カナダ
7:43  11  宮原知子 Satoko MIYAHARA/日本

 

 

グランプリファイナル2017/日程や滑走順&出場条件は?男子女子ジュニアやペア&ダンスも

 

白岩優奈のイケメンコーチ田村岳斗が気になる!プロフィールやクラブ、戦績も

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 - スケート, スポーツ選手 シングル, 2017, 女子, アメリカ, 出場, グランプリ, シリーズ, ファイナル, FS, フリー, 大会, 結果, 樋口, 滑走順