白鵬が帰化しない理由と帰化する理由「白鵬部屋」親方になる覚悟

白鵬

日馬富士暴行問題の登場人物として、ワイドショーを賑わせている白鵬。取り組みに物言いや抗議をするような態度ををして、厳重注意されてしまったとか。

白鵬には日本人のお嫁さんがいて、4人の子供さんにも恵まれています。プライベートでは、とても幸せをそうです。

そんな白鵬は、モンゴル国籍。モンゴルなどの海外のお相撲さんが、親方になるためには日本国籍を取得しないと親方にはなれないそうです。

白鵬が日本に帰化しない理由には何があるのでしょうか。そして帰化する気持ちがあるとの記事も。

白鵬が帰化しない理由と帰化する理由。白鵬は何を思っているのでしょう。

真実は白鵬にしかわからないのですが、白鵬が帰化しない理由と帰化する理由を見ていきましょう。そして帰化した場合、白鵬にはどんな道が開けてくるのかも合わせてみていきましょう。


Sponsored Link

 

白鵬が帰化しない理由/モンゴルへの思い

白鵬が帰化しない理由の一つに、モンゴル相撲で功績を残した実のお父さんへの思いがあるようです。

白鵬のお父さんは、ジグジドゥ・ムンフバトといい、モンゴル相撲で6回の優勝を果たしたモンゴルの英雄。1968年のメキシコオリンピックでは、重量級で銀メダルを獲得し、モンゴル発のメダリストとなったそうです。

そんなお父さんが白鵬に臨むこと。それがモンゴルに帰ってきて、モンゴルのために尽くしてほしいということ。

モンゴルでは次男が後を継ぐ習わしがあり、お兄さんのいる白鵬は家を継ぐことを期待されて育ったようです。

日本の相撲界で横綱にまでなった白鵬。モンゴルでも日本での功績は伝えられていているよう。

2007年3月場所で白鵬は、朝青龍との優勝決定戦で敗れるものの技能賞と殊勲賞を受賞します。その模様は、モンゴル国内でも放送され瞬間視聴率が93%になったとか。

すごい注目度ですね。

生まれた時から跡取りとして育ててきた親としては、なかなか戻ってこない息子が歯がゆいことだと思います。いつ戻ってくれるのか?とついつい聞きたくなるのが親心かもしれませんね。

日本では、長男が後を継ぐということがまだ暗黙の了解のようになっているようです。女の子が立て続けに生まれたご家庭での長男は、産まれた時から『跡、次ぐよね!』と無言のプレッシャーがあるかもしれません。

白鵬もそんなお父さんお母さんの気持ちをよくわかっていたことと思います。

白鵬がなかなか帰化しない理由は、お父さんの気持ちを大切にしてのことのよう。ですが2017年7月には、この気持ちに変化が現れます。

次は、白鵬が帰化する理由を見ていきましょう。

白鵬

 

白鵬が帰化する理由/親方にはなれるの?

白鵬は、2017年7月の名古屋場所で1047勝という歴代最多勝ち星に並びます。そのインタビューの中で、日本に帰化する気持ちがあると発言しています。

白鵬の希望は、白鵬という名で親方になること

そして、帰化しなくても親方になれる特例を認めて欲しいと希望していた時期もありました。モンゴル国籍を持ったまま日本の相撲部屋の親方になるという特例を認めるには、数々の問題が山積していたようです。

ですが白鵬が、帰化して親方になる道を選んだことに、ホッと胸をなでおろした人も多くいたことと思います。日本でも人気の白鵬、親方になって後進の指導にあたって欲しい。そう思うのはだれしも同じことだと思います。

白鵬は、2000年15歳の時に来日しました。その時には、入門部屋が決まっておらず、期待もされないまま入門となったそうです。

白鵬がどんな家系に生まれ育ったかも知らずに宮城野部屋に弟子入り。入門した当初は、身長175cm体重68kg。

お相撲さんの身長や体重ではありませんね。一般的な男性の身長体重です。それから、よく食べよく稽古してみるみる体が大きくなっていったとか。

そんな日本での生活を通して、白鵬は日本を第二の故郷と思うまでになっていったのかもしれません。白鵬がお嫁さんに選んだのは、日本人女性。4人のお子さんにも恵まれてとても幸せそうなご家族です。

子供たちも日本人として育っていることでしょうし、日本に骨をうずめる気持ちが芽生えたとしても自然なことだと思います。

そして、白鵬の実績から、貴乃花親方のように一代年寄として『白鵬部屋』の親方として部屋を持つことも現実味を帯びてきています。

白鵬がこだわった『白鵬』の名で部屋を持つこと。それが叶うことも、日本へ帰化する理由の一つだと思います。


Sponsored Link

 

白鵬が引退までにやりたいこと/本当に帰化するの?

白鵬は、2020年東京オリンピックでの開会式で土俵入りをして引退することを考えているそうです。2017年11月の今、2020年8月までは残り2年9カ月。

残された期間に、白鵬がやりたいこと。それは、日本に帰化し日本国籍を取得することかもしれません

そして、引退後には部屋が開けるようにさまざまな準備もあることでしょう。銀座の真ん中に相撲部屋を持ちたい、という話も出ているとか。

モンゴル国籍を持つ白鵬ですが、日本人は白鵬の相撲や後進の指導に期待しているはず。国籍の問題をクリアして、『白鵬部屋』でこれからのお相撲さんを育てていってほしいと思います。

 

白鵬のこれまでの功績からは考えられないような昨今の暴行問題。古い慣習があって、相撲界が守られていること思います。新しい風も怖がらずに吹かせていくことで、相撲界を応援する人たちも増えていくことと思います。

これからの白鵬の活躍にも、目が離せません。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link