朝青龍の甥っ子ビャンバスレンの相撲部屋入門はいつ?身長体重や学校も

ビャンバスレン

日馬富士暴行問題で、とうとう日馬富士が引退してしまいました。引退会見では、涙を見せる伊勢ケ浜親方としっかり前を向いて、引退の意向をまっすぐに話す日馬富士の姿がありました。

事件の真相は警察が調査中だと思いますが、引退会見の中では日馬富士の酒癖のことにまで及び、そんなことまで聞かれるんだ、とかわいそうな気がしました。

日馬富士の家族であるお嫁さんや子供さん、お父さんお母さんは、どんな気持ちでこの引退会見を見るんでしょうか。

怪我をした貴ノ岩も事件の真相を語ることもなく、ひっそりとしていてかわいそうに感じます。元気になって、また相撲が取れる日が来るのでしょうか。

日馬富士には、引退後日本に残って部屋を持って親方になって、という夢もあったと思うのですがとても残念です。

そんな中、日馬富士が慕っている元横綱朝青龍がツイッターで日馬富士の慈善事業の様子をつぶやいたりしています。

故郷モンゴルで現在は仕事をしている朝青龍。

そんな朝青龍には、甥っ子がいるそうです。なんとこの甥っ子は、この秋の新弟子検査に合格したそうです。将来は、朝青龍や、日馬富士、白鵬、旭鷲山のように日本の相撲界を担う立派な力士へと成長してくれるのでしょう。

朝青龍の甥っ子の本名や学校、現在通っている学校や、相撲の道に入るきっかけや、入門した部屋、そして朝青龍の兄弟関係も見ていきましょう。

 


Sponsored Link

 

朝青龍の甥っ子ビャンバスレン君の立浪部屋入門はいつ?身長体重や学校は?

朝青龍の甥っ子でモンゴルから日本に留学している、スカラグチャー・ビャンバスレン君。プロフィールを見ていきましょう。

 

生年月日:1999年5月22日

出身:モンゴル/ウランバートル市

身長:185cm/体重:107kg

学校:千葉県日本体育大学柏高等学校 相撲部 高校3年生

家族:朝青龍の兄でお父さんのスガラグチャーさん、お母さんのナルマンダフさん

ニックネーム:ビャンバ

高校卒業後の進路:立浪部屋へ入門予定

 

高校1年生の時に、レスリング選手として留学したそうです。高校1年生の授業の一環で国技館で大相撲を観戦し、やはり相撲がしたい!と決意し、高校1年生の夏から相撲に転身したそうです。

その時に、叔父さんである朝青龍にも相談したそう。朝青龍は、レスリングで留学したんだろ!とつれない返事をしたそう。ですが翌日メールで、がんばるように、とのメッセージをくれたそうです。

カラグチャー・ビャンバスレン君の留学している日体大柏高校は、レスリング部の他に相撲部、陸上競技部、サッカー部、バスケットボール部、ラグビー部などの部活を有する学校。

相撲に転身するのもそんなに難しいことではなかったのかもしれません。高校では、『ビャンバ―』と呼ばれているビャンバスレン君。きっと叔父さん譲りの明るい性格で、お友達もたくさんいることでしょうね。

ビャンバスレン君の立浪部屋入門は、高校卒業後になるそうです。あと数カ月、残り少ない高校生活を楽しんで欲しいと思います。

ビャンバスレン君の相撲取りになった時のしこ名はまだ未定。ですがビャンバスレン君は、朝青龍の一文字ともなっている、「龍」の文字を気に入っているそうです。

もしかしたら、『○○龍』のような、朝青龍を思わせるようなしこ名になることも考えられますね。楽しみです。

そして、高3で18歳のビャンバスレン君。モンゴルに彼女がいるそうです。モンゴルと日本では、なかなか会うことも出来ずさみしいですね。

ビャンバスレン

 

スカラグチャー・ビャンバスレン君の戦績

千葉県、日本体育大学柏高等学校の相撲部に所属するビャンバスレン君。現在は、高校3年生です。高校1年生でレスリングをするために留学。そして、その年の夏には相撲に転身。

相撲を始めてから、2017年11月現在でも2年と少し。そんなキャリアの浅いビャンバスレン君ですが、成績はすごいんです。

2016年  6月(高2)第64回関東高等学校相撲大会/重量級(~100kg)…優勝
2017年  8月(高3)高校総体(インターハイ)個人…第2位
2017年10月(高3)愛媛国体少年の部 個人…第3位

高校2年生の時には、関東大会で優勝。そして、高校3年生の高校総体では第2位、国体では第3位という成績でした。

ちなみに、1998年朝青龍が高校生の時の第3位という成績を抜いてしまったそうです。体つきも朝青龍を思わせるような筋肉質タイプで、すごく素質を感じます。

まだまだ18歳のビャンバスレン君なので、修行することはたくさんあることと思いますが、地道に努力を積み重ねて、おじさんの朝青龍を超えるくらいの相撲取りに成長してほしいと思います。

 


Sponsored Link

 

ビャンバスレン君が入門する相撲部屋・立浪部屋って?

スカラグチャー・ビャンバスレン君が高校卒業後、入門する立浪部屋。どんな部屋なのでしょうか。

立浪部屋は、茨城県つくばみらい市にあるそう。立浪部屋の歴史は、大正時代にまでさかのぼります。大正4年に元小結 緑嶋が引退し、立浪のを襲名し立浪部屋の歴史が始まります

歴代の在籍横綱には、第35代横綱 双葉山、第36代横綱 羽黒山、第60代横綱 双羽黒がおり、歴史ある相撲部屋です。

平成11年3月からは、7代目立浪耐治・本名 市川耐治さんが親方を務めていらっしゃるそうです。

歴史ある相撲部屋に入門が決まった朝青龍の甥っ子・ビャンバスレン君。叔父さんの朝青龍は、初土俵から25場所で横綱に昇進したそうです。この記録を追い抜けるよう、頑張って欲しいと思います。

 

15歳でモンゴルを離れて、日本で暮らしているビャンバスレン君。これからの成長がとても楽しみです。

白鵬が帰化しない理由と帰化する理由「白鵬部屋」親方になる覚悟

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link