藤田弓子の若い頃が意外に可愛い!声優子役~30代CMの美人画像5選

藤田弓子

日本のお母さんを演じる女優さんといったら藤田弓子さん。というくらい、お母さんのイメージが強い女優の藤田弓子さん。

実は若い頃(20代頃)には、『わろてんか』や『ひよっこ』、『べっぴんさん』や『とと姉ちゃん』などで今は有名なNHK朝の連続テレビ小説にヒロインとして出演されていたそうです。

そして30代では、思い切った役柄で世間を驚かせたとか。40代、50代、60代ではお母さんという役柄でほんわかとした日本のお母さんというイメージです。

バラエティ番組にも多数出演されていて、上沼恵美子さんとの共演もあったそう。この上沼恵美子さんとの共演は、あまり相性の良いものではなかったようです。

日本のお母さん、といったイメージの藤田弓子さんですが、若い頃はとっても可愛いんです。厳選画像を見ていきましょう。

 


Sponsored Link

 

藤田弓子の超美人&可愛い画像5選

10代の頃の藤田弓子さん

藤田弓子さんは、小学校の頃から声優さんとしても活躍されていたそうです。その時の画像がこちら。

藤田弓子

1957年にラジオドラマ『赤堂鈴之助』の声優を務めていらっしゃったそうです。その時の声優には、吉永小百合さんもいらっしゃったそう。オーデションに受かったのは、吉永小百合さんと藤田弓子さんだったそうなので、その時から光るものがあったのでしょうね。

藤田弓子さんの役柄は、赤堂鈴之助の幼馴染・しのぶだったそうです。吉永小百合さんの役柄は、千葉さゆり。藤田さんは、吉永さんとの共演が信じられなくて、一度は帰ろうとしたそうです。

その時、『ラジオだから…。』と引き留められたそうです。ちょっと失礼な気がしないでもないですね。

 

20代の頃の藤田弓子さん

1960年代後半、NHKの朝のテレビ小説『あしたこそ』のヒロインに抜擢されたときの画像です。1968年に放送された朝のテレビ小説なので、藤田さんは22歳ということになります。

藤田弓子

お肌つるつるで、可愛らしいですね。控えめなメイクも好印象です。『あしたこそ』は1968年4月から放送されていたそうです。脚本は橋本壽賀子さん。

この時の平均視聴率が44.9%、最高視聴率は55.5%という高視聴率。すごいですね。2017年に放送されている葵わかなさん主演『わろてんか』は20%前後ということなので、驚異的な視聴率です。

藤田弓子

『あしたこそ』の主題歌を歌われていたのは、倍賞千恵子さんだそうです。1961年から始まった朝のテレビ小説。この頃は、一年に一つのドラマを継続して放送していたようです。

藤田弓子さん主演の『あしたこそ』も、1968年4月から1969年4月までの1年間放送。今は、4月から半年、10月からの半年という放送になっています。

 

1970年代のカメラCMポスターの藤田弓子さん。大阪で行われた日本万国博覧会(大阪万博)の頃の写真です。藤田弓子さん20代後半だと思います。

EOSKISSX9LK-BK キヤノン デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) [EOSKISSX9LKBK]【返品種別A】【送料無料】

NHKの朝のテレビ小説の時よりもメイクがはっきりしていて、この時代らしくアイラインがしっかり引かれていますね。

藤田弓子

NHKの朝のテレビ小説の時は『清楚』というイメージですが、こちらも『キュート』で可愛らしいです。

 

30代の藤田弓子さん

1981年の映画『遠雷(えんらい)』での藤田弓子さん。バーを経営するチイという役柄のせいか、メイクが濃いですね。でも役の雰囲気にとてもあっていると思います。

藤田弓子

 

藤田弓子さんのご実家がお金持ち?

藤田弓子さんといえば、お母さん役のイメージが強いです。ですが実際は、お子さんはいらっしゃらないそうです。藤田さんは、1945年生まれの現在72歳。

最近では、可愛いおばあちゃんの役もされていたりして、幅広い役柄をこなされていますね。

小学生の時に子役のオーディションに合格されて声優としてデビューされた藤田さん。ご実家がとてもお金持ちだそうです。

藤田さんのおじいさんは、神奈川県に本社がある不二サッシ株式会社の創業者だそうです。サッシと言えば建物を作る時には欠かせない建築材料。

戦後でたくさんの建物が建った時代、売り上げもかなりのものだったでしょうね。藤田弓子さんは、裕福なご家庭で育ったのですね。


Sponsored Link
 

藤田弓子さんと上沼恵美子さんの仲が気になる!

歯に衣着せぬ物言いの上沼恵美子さんの番組『えみちゃんねる』の中で嫌いな女優のイニシャルを、『F.Y.』といわれていたそうです。

ヒントは、お母さんの役をしたり目がぱっちりしていたり、というもの。そのヒントから、藤田弓子さんでは?と言われているようです。とても人気の上沼恵美子さんなので、『○○嫌い!』と言われると、ついつい『嫌いって誰?』と詮索したくなります。

上沼恵美子さんのイニシャルとヒントからの話なので、実際のところはどうなのでしょうね。上沼恵美子さんのみぞ知るというところでしょうか。

誰しも、この人とは合わないな、という人がいると思うので、そんな人が同じ芸能界の中にいても当然ですね。上沼恵美子さんに限らず、『○○さん好き』という話題より、『○○さん嫌い』という話題の方についつい聞き耳を立ててしまうものですね。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link