稲葉なおと厳選!今すぐ宿泊できる名建築家ホテル&宿7選を紹介!

ララ御殿場

2017年12月19日放送のマツコの知らない世界では、日本全国の名建築宿を旅している稲葉なおとさんが出演されます。

名建築宿、日本全国の温泉宿はとっても素敵な雰囲気の旅館が多いのですが、一級建築士・稲葉直人さんの目で選んだ選りすぐりのお宿が特集されるようです。

お宿と言えば、やっぱり温泉。見るだけでなく、温泉で心も体も癒されたいですよね。そしてもちろん美味しいお料理も。

今すぐ泊まれる素敵な名建築宿をご紹介しちゃいます。そして、名建築宿をご紹介して下さる『稲葉なおと』さんというお名前。何となく聞いたことありませんか?

そうです。あの有名な『稲葉』さんと御親戚だそうなのです。どの有名な『稲葉』さんなのでしょう。見ていきましょう。

 


Sponsored Link

 

稲葉なおとさんおすすめの国内デザインホテル&旅館7選

稲葉直人さんは、一級建築士。大学生のころから建築を学ばれ、日本のみならず世界中の素敵なデザインのホテルや旅館を旅していらっしゃいます。その中でも、すぐにでも宿泊できそうな日本国内の厳選7ホテル&旅館をご紹介します。

ララ御殿場ホテル&リゾート/静岡県 御殿場

LaLa GOTENBA(ララ 御殿場)ホテル&リゾート

ララ御殿場

窓から富士山が見渡せるなんてとっても素敵です。今の時期だったら、雪化粧した富士山を眺めることが出来ますね。

 

ライブラリーホテル東二番丁/宮城県仙台市

ライブラリーホテル東二番丁

ライブラリーホテル東二番丁のコンセプトは、『上質なクラスレス』。『クラスレス』とは、階級差別のない、特定の社会階級に属さないと言う意味。階級差別なく、どんな社会的な階級にも属さない自由な発想から生まれた『ライブラリーホテル東二番丁』

仙台への出張の際には、必ずここへ泊るという方もいらっしゃるほど、居心地の良さそうなホテルです。モーニングのメニューが豊富で、搾りたてのオレンジジュースがとってもおいしいそう。

ライブラリーと言う名前だけに、本が読めそうなスペースが豊富に用意されています。ノマドワークにも最適です。

ライブラリーホテル

 

庭のホテル 東京/東京都 千代田区

庭のホテル 東京

東京のど真ん中ということを忘れてしまいそうな、素敵な雰囲気です。

庭のホテル

 

つるや/福井県 あわら市

源泉かけ流し 大人の湯宿 越前あわら温泉 つるや

昭和22年つるやを手掛けた平野雅哉昭和の左 甚五郎(ひだり じんごろう)と呼ばれた棟梁。

左 甚五郎(ひだり じんごろう)は、江戸時代初期に活躍した彫刻職人日光東照宮の眠り猫など、日本中に左甚五郎作の彫り物が存在しています。そんな平野雅哉さんによって作られた『つるや』のいたるところに、伝統的な彫りが施された作品がちりばめられています。

つるや


Sponsored Link

 

SAKURA TERRACE THE GALLERY サクラテラス ザ ギャラリー/ 京都府 京都市

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ ギャラリー)

サクラテラスギャラリーのコンセプトは、『住むように泊まる 新しい京都の旅をここから』

バルコニー付きのお部屋やベッドが3つ用意されたトリプル・ルーム、そして車椅子の方でも利用しやすいように配慮されたユニバーサル・ルーム。もちろんスタンダードなツインベッドの用意されたスタンダード・ツインなど。お客様に合わせたお部屋が用意されています。

サクラテラスの名の通り、ホテル内部にはテラスが設けられ住むように泊まれることが出来るホテル

サクラテラスザギャラリー

 

笠沙恵比寿/鹿児島県 南さつま市

笠沙恵比寿

九州の最南端・笠沙。海風や新鮮な海の幸が豊富で社氏伝承の焼酎も楽しめる笠沙。潮風に吹かれてのんびり過ごせそうです。公共の宿とのことなので、リーズナブルでファミリーにも楽しめそうなお宿です。

笠沙恵比寿

 

ホテルプラム 横浜 HOTEL PLUMM /神奈川県 横浜市

ホテルプラム(HOTEL PLUMM)横浜

とってもロマンティックなお部屋もあってクリスマスやお誕生日など特別な日に泊まってみたいですね。

ホテルプラム横浜


Sponsored Link

 

稲葉なおとの年齢や出版された本は?いとこは、稲葉浩志!

稲葉なおとさんは、1959年9月24日生まれ。現在は58歳

東京のご出身だそうです。東京都立立川高校をご卒業後、東京工業大学工業部建築学科をご卒業紀行作家一級建築士の資格をお持ちで建築プロデューサーとして活躍されています。商業ビルや分譲マンションのプロデュースや企画をされているそうです。

高校時代の稲葉さんは、自分自身がとても幼く感じられていたそうです。それは、クラスの中に何人も自分よりも数倍優れていると思えるような同級生たちがいたからだそう。高校生なのに有名な建築家の名前が日常的会話の中に出てくるような友人に囲まれて、自分の小ささを痛感していたそうです。

そして、高校、大学と学び、設計事務所に就職されます。数々の物件を手掛ける中でさまざまな建築家の方々がおっしゃった、このような言葉が心に残っているそうです。

『心地よい空間を企画したければ、とにかくホテルを見ないとね。』

引用:紫芳会だより

この言葉が稲葉さんが優れた建築家が設計したホテルや宿を巡る旅を始めるきっかけになったそうです。

稲葉直人さんが出版された本は、『匠たちの名旅館』『モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい/小学館』『まだ見ぬホテルへ/小学館』『サラの翼/講談社』『0マイル/小学館』など多数。

建築などに関する本から小説まで多方面で活躍されているのですね。

匠たちの名旅館 平田雅哉 吉村順三 村野藤吾[本/雑誌] (単行本・ムック) / 稲葉なおと/著

一級建築士の稲葉なおとさんは、「B’z」のヴォーカル・稲葉浩志(いなばこうし)さんといとこだそうです。いとこと言うことは、稲葉なおとさんと稲葉浩志さんは、お父さんかお母さんがご兄弟と言うことですね。

お二人はとても仲が良くて、稲葉浩志さんのソロライブツアーのパンフレットには、お二人の対談が載せられたこともあるそうです。中学時代には、稲葉なおとさんもバンドを組まれていたそうです。とても才能のある家系なのですね。

 

建築プロデューサーの稲葉なおとさん選りすぐりの名建築宿を見てきました。どのホテルもお宿もとっても素敵です。かしこまったホテルだけでなくカジュアルに泊まれそうなホテルやお宿もデザインが素敵でした。一度泊まってみたくなりました。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link