ケイトリンオズモンドの平昌オリンピック代表入りは?カナダ選手権の結果!

      2018/02/07

2018年平昌オリンピックがいよいよ来月開幕します。4年に一度の冬季オリンピック。この大会に向けて練習に励んできた選手たち。ですが、どの種目も出場選手は限られています。

日本からフィギュアスケート女子シングルが出られるのは2名。2枠の狭き門を射止めたのは、宮原知子選手と坂本花織選手。残念ながらオリンピック出場を果たせない選手も。

アメリカ女子シングル選手は、ブラディー・テネル選手と長洲未来選手、カレン・チェン選手の3人がピョンチャンオリンピックに出場します。

そして、カナダからはどの選手がオリンピック出場を決めるのでしょうか。男子女子ともに、カナダ選手権の成績が大きく代表選考に影響します。カナダ選手権の日程や出場選手やショートとフリーの結果を見ていきましょう。


Sponsored Link

 

開催日時は?カナダ出場枠はいくつ?フィギュアスケートカナダ選手権2018女子シングル

2018カナダ選手権(2018 Canadian Tire National Skating Championships)は、1月13日の未明、カナダのバンクーバーで行われます。

ショート&フリー演技日時(日本時間)は?

女子シングルSPショート…2018年1月13日(土)午前 2:40~
女子シングルFSフリー …2018年1月14日(日)午前 1:05~ 第1・2グループ
〃       午前 5:30~ 第3グループ

カナダ選手権の女子シングルは、日本時間の未明に行われます。フリーの演技は、第1・2グループが終了した後、アイスダンスの演技をはさみます。第3グループのフリー演技は、午前5:30~です。

カナダ女子シングル出場枠は3枠!

カナダ女子シングルの平昌オリンピックの出場枠は3枠。2017/2018シーズンは、日本が2枠と一つ減り、カナダは3枠と一つ枠を増やしました。カナダ代表の有力候補のケイトリン・オズモンド選手とガブリエル・デールマン選手。

日本の坂本花織選手、アメリカのブラディー・テネル選手とシンデレラガールような選手がオリンピック出場を決めました。カナダは、ケイトリン・オズモンド選手とガブリエル・デールマン選手がオリンピック代表となるのでは、と思いますが、その他の選手がどこまで成長しているか、楽しみです。

パトリックチャン(カナダ)NHK杯欠場してカナダ選手権に出る理由とは?

 

出場選手は?カナダフィギュアスケート選手権2018女子シングル

パーソナルベストでは、ケイトリン・オズモンド選手がカナダでトップ。それを追うのが、ガブリエル・デールマン選手。ロシア女子選手の220点越えが定番となりつつある中、200点を超えるのは最低条件。そこからどこまで点数を伸ばせるかが、勝敗のカギになっているようです。

シーズンごとにと言わず、大会ごとにスコアの壁が高くなっているように感じる2017/2018シーズンです。

選 手 名 パーソナル
ベスト
スコア
1 ケイトリン・オズモンド Kaetlyn Osmond 218.13
2 ガブリエル・デールマン Gabrielle Daleman 214.15
3 アレーヌ・シャルトラン Alaine Chartrand 186.11
4 アリシア・パイネー Alicia Pineault 150.52
5 サラ・タムラ Sarah Tamura 149.40
6 オーロラ・コットトップ Aurora Cotop 140.14
7 エミ・デセル Emy Decelles 136.47
8 ラーキン・オーストマン Larkyn Austman 136.82
9 キム・デガイズ・レヴェリ Kim DeGuise Léveillée 136.55
10 ミシェル・ロング Michelle Long 131.42
11 ケルシー・ウォン Kelsey Wong 101.54
- ジェーン・グレイ Jane Gray -
- アマンダ・トビン Amanda Tobin -
- メイジー・ポリジアニ Maysie Poliziani -
- ヘレン・カルレ Hélène Carle -
- ソフィー・ラロチェ Sophie Larouche -
- トリエーナ・ロビンソン Triena Robinson -
- エイシリン・ガンシー Aislinn Ganci -
棄 権
WD エミリー・バウシュバック Emily Bausback 133.38

 

ショート滑走順は?/フィギュアスケートカナダ選手権2018女子シングル

フィギュアスケート選手権の女子シングルショートプログラムの滑走順。日本時間の2018年1月13日(土)午前 2:40~ショートプログラムの演技が始まります。

1. ジェーン・グレイ…SP 46.51
2. アマンダ・トビン…SP  51.95
3. メイジー・ポリジアニ…SP 39.85
4. サラ・タムラ…SP 54.34
5. ヘレン・カルレ…SP 46.51
6. ソフィー・ラロチェ…SP 52.87

7. キム・デガイズ・レヴェリ…SP 49.70
8. トリエーナ・ロビンソン…SP 53.96
9. エイシリン・ガンシー…SP 52.77
10. ケルシー・ウォン…SP 48.95
11. エミ・デセル…SP 48.55
12. アリシア・パイネー…SP 49.43

13. ミシェル・ロング…SP 54.11
14. オーロラ・コットトップ…SP 48.83
15. ラーキン・オーストマン…SP 53.96
16. アレーヌ・シャルトラン…SP 52.19
17. ガブリエル・デールマン…SP 77.88

18. ケイトリン・オズモンド…SP 71.41

昨年のグランプリシリーズ以来、久しぶりにケイトリン・オズモンド選手の演技を見ました。可愛らしいパリジェンヌのケイトリンを見られて幸せ。ジャンプでの転倒はあったものの、カナダのファンはとっても温かい反応でした。明日のフリーで巻き返せるか、ガブリエル・デールマン選手が逃げ切るのか楽しみです。


Sponsored Link

 

結果速報!ショート&フリー/フィギュアスケートカナダ選手権2018女子シングル

女子シングルショート、フリーとも演技終了後追記します。

順位 選 手 名 ショート
SPスコア
フリー
FSスコア
合計
1  ガブリエル・デールマン 77.88   151.90 229.78
2  ケイトリン・オズモンド 71.41  147.32 218.73
3 ラーキン・オーストマン  53.96 115.66 169.62
4 アレーヌ・シャルトラン 52.19 112.02 164.21
5 オーロラ・コットトップ 48.83 108.06 156.89
6 キム・デガイズ・レヴェリ 49.70 104.71 154.41
7 ミシェル・ロング 54.11 99.35  153.46
8  アリシア・パイネー 49.43 102.78 152.21
9 サラ・タムラ 54.34 96.05 150.39
10 ソフィー・ラロチェ 52.87 91.22 144.09
11 ケルシー・ウォン 48.95 93.95 142.90
12 エミ・デセル 48.55 91.00 139.55
13  アマンダ・トビン  51.95 87.59 139.54
14 ジェーン・グレイ 46.51 90.60 137.11
15 トリエーナ・ロビンソン  53.96 82.95 136.91
16 エイシリン・ガンシー 52.77   83.75 136.52
17  ヘレン・カルレ  46.51 83.27 123.17
18 メイジー・ポリジアニ 39.85   78.92 118.77
WD エミリー・バウシュバック

優勝したガブリエル・デールマン選手。229.78というスコアを出しました。とうとうカナダ女子も220を超えるスコアの時代に突入ということでしょうか。

カナダ女子シングルの平昌オリンピック出場枠は3枠。今回カナダ選手権で優勝したガブリエル・デールマン選手とケイトリン・オズモンド選手は確実かと思います。ですが3枠目は、誰になるのでしょうか。

 

フリー滑走順は?/フィギュアスケートカナダ選手権2018女子シングル

1 メイジー・ポリジアニ
2 ヘレン・カルレ
3 ジェーン・グレイ
4 エミ・デセル
5 オーロラ・コットトップ
6  ケルシー・ウォン
7 アリシア・パイネー
8 キム・デガイズ・レヴェリ
9 アマンダ・トビン
10 アレーヌ・シャルトラン
11 エイシリン・ガンシー
12 ソフィー・ラロチェ
13 ラーキン・オーストマン
14 トリエーナ・ロビンソン
15 ミシェル・ロング
16 サラ・タムラ
17 ケイトリン・オズモンド
18 ガブリエル・デールマン

カナダ選手権の滑走順は、ショートプログラムの順位の低い順から滑走します。

 

2018平昌オリンピック代表選考を兼ねた大切な大会、カナダ選手権。どんな演技が見られるか、楽しみです。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 - スポーツ選手, スケート 代表, 選手権, オリンピック, 五輪, 平昌, カナダ, 結果, ケイトリン, オズモンド, ガブリエル, デールマン