FINAL CUT7話あらすじ&6話ネタバレ感想/藤木直人の演技が上手すぎてイヤ!

平昌オリンピックの開幕中ですね。高木美帆選手が銀メダル獲得、スキージャンプでは高木沙羅選手が銅メダル。そしてスキーフリースタイルモーグルでは、原大智選手が銅メダルを獲得しました。

スノーボードハーフパイプの平野歩夢選手の予選を通過し、明日の決勝で大技を成功させてくれるのかも気になります。嬉しいニュースが目白押しの平昌オリンピックです。

ですがですが、亀梨和也さん主演のドラマ『FINAL CUT/ファイナルカット』は、第6話となりました。お母さんの雪辱を果たせるのか、慶介の行方も気になります。

このページでは、ドラマ『FINAL CUT/ファイナルカット』の第6話ネタバレ感想と第7話あらすじを見ていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

FINAL CUT 6話ネタバレ感想/藤木直人の演技が上手すぎてイヤ!

『FINAL CUT/ファイナルカット』第6話となりました。慶介による復讐は、上手く進んでいくのでしょうか。

第6話では、有名料理研究家の女性が何者かに命を奪われるようです。犯人として真っ先に疑われたのが、一緒に暮らしていた男性・矢口(中村倫也)。

犯人扱いされて追い詰められた矢口は、慶介のサイト情報を頼りに、慶介の自宅へ現れます。一晩泊まっていたはずの矢口。朝になる前に姿を消していました。

矢口は、犯人扱いされているだけのか、本当の犯人なのか。

『ザ・プレミアムワイド』の報道の仕方のえげつないやり方に、ドラマだとわかっていても少しイヤな気持ちになります。キャスターの百々瀬役の藤木直人さん、演技が上手すぎてイヤです。

12年前、犯人扱いされて自ら命を絶った母のをするために、『ザ・プレミアムワイド』の関係者に仕返しをしてきた慶介。

東京バンドワゴン〜下町大家族物語 DVD-BOX [ 亀梨和也 ]

その計画はうまくいっているようでしたが、『ザ・プレミアムワイド』キャスターの百々瀬や警察官の高木は何を企んでいるのでしょうか。そうこうしているうちに、女性料理研究家の命を奪った犯人の女性アシスタントが自首してきました。

何となくすっきりしない『FINAL CUT/ファイナルカット』第6話でした。第7話ではどんな展開になっていくのでしょうか。

 

FINAL CUT 7話あらすじ

12年前に母を亡くした慶介の仕返しは順調に進んでいるかのように思えました。ですが、美人料理研究家が亡くなった事件の容疑者だと思われていた矢口が逃走したために、慶介が警察官であることがテレビで放送されてしまいました。

慶介の身元を知ってしまった『ザ・プレミアムワイド』の関係者たち。慶介について、調査していました。

https://youtu.be/hAf4sB4sqHg

小河原雪子、若葉にも正体が知れてしまった慶介。雪子は、自分のお兄さんのことを調べるために慶介が近づいてきたのだと確信したのでした。

そして事件の日、お兄さんが家にいたというのです。雪子からも情報が得られない慶介は、雪子と若葉の父・小河原達夫(升毅)に近づくのでした。

弁護士である達夫の前にお客として現れる慶介。12年前の母親の事件のことを切り出します。見ず知らずの男性からの突然の依頼に驚く達夫でした。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

そんな達夫が連絡を取ったのが、思いもよらない人物だとか。誰なのでしょうね。

そして、『ザ・プレミアムワイド』キャスターの百々瀬は、警察官の高田(佐々木蔵之介)から12年前の事件の件を調べていくつもりだと聞きます。

そして雪子の妹の若葉は慶介に、そんな緊迫した状況の中なのに、兄のことを調べるから、彼女にして欲しいと言い出すのでした。

Sponsored Link

 

FINAL CUT第1話から第6話までの見逃し配信にチェインストーリーもあって見逃せない!

 

亀梨和也さん主演『ファイナルカット』が第6話まで進んできました。ここまでの回を見逃してしまったという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ドラマって、一回でも見逃すと何となくストーリーがつながらなかったりして気になるものです。そんな時には、見逃し配信がおすすめ。

それも無料で見られるものがし配信サービスがあるので、利用しないのはもったいないですね。見ていたんだけど、何となくストーリーが理解できなかった、なんて時にも繰り返し見られるのは助かります。

GYAOの無料見逃し配信サービス

https://gyao.yahoo.co.jp/player/11202/v00038/v0000000000000000461/

GYAOの無料見逃し配信サービスは、チェインストーリーもあってテレビで見ていても、何度でも見たくなります。

 

最後までお読みいただきまして、まことにありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>