巾着袋の簡単な作り方!ロックミシン必要無し!手作り初心者さん必見!

巾着袋

2018年も始まり新年度4月からいよいよ幼稚園や保育園に入園するご家庭もあるかもしれません。初めての幼稚園や保育園で泣いたり嫌がったりしないかしら、病気になったりしないかしら、お友達と仲良く遊べるかしらとママの心配は尽きません。

そんな新しく始まる幼稚園・保育園生活に向けて準備するもの有るかもしれませんね。通園バックやお弁当袋、お着換え入れ等々。買ってしまえば簡単に済んでしまう幼稚園や保育園の用品準備。

でも一生に何回もある事じゃないし、せっかくなら手作りの物を準備してやりたい。お母さんが作ってくれた用品だったら、子供が自分で準備したり収納したりしてくれるかも。

そんな幼稚園・保育園準備用品の中でも、とってもカンタンに作れるのが巾着袋。家庭科の授業以来、ミシンも糸も針も触ったことない。なんて方でも簡単に作れる作り方をご紹介します。

 


Sponsored Link

 

簡単に巾着袋を作るポイントは、ピンキングばさみで生地をカット!

幼稚園や保育園の給食やお弁当の時に子供たちが、使う巾着袋スプーンやフォーク、カップを入れたりお弁当を入れたりと一日ひとつは使っているような気がします。我が家も3人の子供たちがいるので、毎日とっかえひっかえ、巾着袋を使っています。買ってもいいんだけど、それだけでは数が足りなかったり、子供の気に入る柄じゃなかったりすることも。

そして、ママが手作りしてくれたものって、何となく子供も嬉しくて使ってくれたりするものです。そんな巾着袋のとっても簡単なつくり方ポイントは、生地をピンキングばさみでカットすること刃先がギザギザになったはさみです。布での手作りには、生地端の始末って意外と面倒なもの

ゆうパケット送料無料商品 ピンキングはさみ クラフトはさみ 《 ピンキングばさみ ピンキング鋏 手芸 はさみ ハサミ ギザギザ2mm 3mm 5mm 18mm 》

ロックミシンがあればそれに越したことはないんだけど、それよりも簡単に手に入るピンキングばさみ。ひとつあると便利です。手芸用品やさんやネットでも買えます。

巾着袋

 

巾着袋(たて20cm×横16cm)の材料は?

ここでは、小さめサイズのたて20cm×横16cmサイズの巾着袋の作り方を解説します。お着替えを入れたり、メロディオンを入れたり、たて笛を入れたりする場合には、サイズを調節してくださいね。

巾着袋

巾着袋の材料(完成サイズ…約たて20cm×横16cm)

①生地24cm×18cm 2枚 (または、24cm×34cm 1枚)
②ひも60cm

ひもを片側だけで引っ張る仕様にしています。たて24cm×横18cmの生地だったら2枚。一片を輪にして作る場合には、例えば、たて24cm×34cm、たて46cm×18cmの生地でも同じサイズに作ることが出来ます。

両側から引っ張る仕様にする場合には、ひもが2本必要です。ひも通し口も左右2か所にします。この時生地は、24cm×18cm 2枚 か、たて46cm×18cm 1枚の生地にするといいです。

 

巾着袋を縫う手順は?

巾着袋の生地が裁断できたら、縫っていきましょう。写真の生地は、ピンキングばさみで裁断しています。ひもを通すための部分を8cm位あけておきます。点線の部分を縫っていきます。縫い代は1cmとしています。縫い代の幅で完成サイズが多少変わってきます。

巾着袋

手縫いでもOK! デニムだったら、あえて赤やベージュの糸にしてもかっこいいです。ひももステッチ糸と同じ色にしてみたり。アレンジはあなたのセンス次第です。


Sponsored Link

 

動画で説明!巾着袋の簡単なつくり方!

写真や文字の説明では、分かりにくいかもしれません。動画でも作り方を見てみてください。

簡単にピンキングばさみで生地を裁断し、巾着袋を作る仕様を解説しました。ロックミシンがあったり、布端を始末する機能が付いているミシンであればそれを使うのもいいですね。

ミシン初心者でも超簡単手作りコースター!ハギレでも作れる方法を解説!

ママが一生懸命作ってくれた用品と一緒だったら、幼稚園や保育園での新しい生活をする子供さんも心強いかも。お母さんが作ってくれた、それだけで子どもの気持ちは温かくなりそうです。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link