ネイサンチェンと浅田真央が重なる!平昌オリンピックでのミスの理由とは?追記あり

ネイサンチェン

2018年平昌オリンピックが開催中です。羽生結弦選手の怪我の状態が心配された男子シングル。羽生結弦選手が韓国へ降り立ち、その姿を見せた時から1つ心配事が減ったように感じました。

会見での元気な姿、自信に満ち溢れたコメント。そして、男子シングルショートプログラムでの圧巻の演技。羽生結弦選手が演技終了後、ブライアン・オーサーコーチの元へ戻った時に、『カミンバック!』と発した言葉。全てが羽生結弦、オリンピック2連覇へのドラマを見ているかのようです。

そんな中、ネイサン・チェン選手の演技が気になりました。ネイサン・チェン選手、ショートプログラムでの3つのジャンプすべてにミス。何があったのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

平昌オリンピック・ショートプログラムでのネイサン・チェンの演技とは?コンボが抜けた!

2018年2月16日午後行われた平昌オリンピックフィギュアスケート男子シングルショートプログラム。最終グループ第1滑走で登場した羽生結弦選手。

怪我をしていたことを微塵も感じさせないほどの素晴らしい、素晴らしすぎる演技でした。そして出た得点が、111.68。羽生結弦選手自身が持つ世界記録に届きそうな勢いのショートプログラムのスコアでした。

そして、羽生結弦選手の演技の後にリンクに降り注ぐプーさんシャワー。

APP-Cフラセラムの口コミがすごい!化粧水の染み込む力が抜群!

滑走順が決定したあと、羽生結弦選手の後に滑るネイサン・チェン選手は、プーさんシャワーのことを冗談交じりにコメントしていました。

そして予想通りのプーさんシャワー後のネイサン・チェン選手の演技が始まりました。ネイサン・チェン選手、冒頭のジャンプで転倒。そして、2回目も3回目も。終わってみれば、コンビ―ネーションジャンプなしのショートプログラムとなってしまいました。

 

2014年ソチオリンピックの浅田真央さんと重なる演技に!

フィギュアスケートのショートプログラムの規定では、ジャンプの連続技(コンビネーションジャンプ)が入らなければなりません。

フィギュアスケート選手なら、言われなくてもとてもよく分かっていることでしょう。ですがジャンプの出来によっては、2回の連続ジャンプにしたくても、バランスを崩して2回めのジャンプに入れないことも。

 

4年前の女子シングルで浅田真央さんも同じことがありました。ジャンプがつながらずに、コンビネーションジャンプが入らない

そして、浅田真央さんは呆然としたまま、ショートプログラム第16位という順位っとなってしまいました。その演技後のインタビューでは、『あっという間に終わってしまった。何もわからない』というコメントののち、あふれ出す涙にどれだけの人が胸が締め付けられる思いをしたことでしょう。

4年前2014年ソチオリンピックの時の浅田真央さんは、フリースケーティングの数時間前まで、ショートプログラムでのミスを引きずっていたとか。

そして、フリーの演技の数時間前に吹っ切れた浅田真央さんは、フリーで自己最高記録となる142.71というスコアを出して、第6位まで巻き返しました

2018平昌オリンピックのネイサン・チェン選手を見ていて、2014年ソチオリンピックの時の浅田真央さんと重なる思いがしました。

インラインスケート 子供用 ジュニア キッズ Jr用 お子様用 ハイグレード モデル ローラーブレード ローラースケート 外遊び クリスマス 誕生日 プレゼント【送料無料】【あす楽対応】

ネットでも、『4年前の浅田真央さんを思い出す。絶対に巻き返して!』というコメントが多く見かけられました。本当にそう思います。

明日のフリーで、もちろん羽生結弦選手の金メダル2連覇は見逃せません。ですが、ネイサン・チェン選手、そして、ミハイル・コリヤダ選手の巻き返し、見逃せません。

Sponsored Link

 

 

ネイサン・チェンのプレッシャーとは?応援するコメントがすごい!

4年前の浅田真央さんのフリーでの巻き返しを思い浮かべる日本のフィギュアスケートファンからしたら、明日のフリーでのネイサン・チェン選手の巻き返しはとても期待しているはず。

ネットでも、そんなコメントが多数見受けられます。

 

アメリカでは、ネイサン・チェン選手にかかる期待がとても大きかったようです。フィギュアスケートの放送時間は、アメリカのプレミアムタイムに合わせて設定されたとも言われています。アメリカのテレビ局がかなりの資金をつぎ込んでいるとも。

そんなアメリカ選手の一人、ネイサン・チェン選手。金メダルを取って、アメリカのプレミアムタイムにテレビ放送される。そして視聴率が取れて、テレビ局はとても嬉しいことになると期待していたことでしょう。

18歳のネイサン・チェン選手にどれだけのプレッシャーがかかっていたのかと思うと、心が痛みます。ロシアのアリーナ・ザギトワ選手やエフゲニア・メドベージェワ選手のような圧倒的な力の持ち主だったら、そこまでのプレッシャーも感じずにいられたのかもしれません。

それも、王者・羽生結弦選手の後、プーさんシャワー後の演技。雰囲気に飲み込まれたとしても無理もないように思います。明日のフリーでは、本来のネイサン・チェン選手の演技が出来ますように。そして、ロシアのミハイル・コリヤダ選手も。

 

2018/2/17追記 ネイサン・チェンのフリー自己ベスト更新に安藤美姫さんのツイートが感動!

ネイサン・チェン選手の演技を終えて、昨日のショートの時から、ツイッターで各男子シングル選手についてのツイートをしてくれている安藤美姫さん。ネイサンチェン選手の演技終了後のコメントが感動します。

ほんとうに、ネイサン・チェン選手、幸せな時間をありがとう!

 

2018/2/17追記 フリーで自己ベスト更新!ネイサンすごい!

ネイサン・チェンのフリーでの演技。やってくれました。史上初のオリンピックでの5つの4回転ジャンプ成功です。そして、フリーのパーソナルベストを更新。

まさに浅田真央さんと同じ流れです。まさかのショートでの演技。そして、フリーで自己ベストを更新。

ショートで17位だったネイサン・チェン選手。トータルで297.35。ショートが上手くいってたらどんなことになってしまったのだろうと思います。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>