浅田舞の父親の職業や母の病名はなに?中学や高校・大学はどこでコーチは誰?

浅田舞

元フィギュアスケート選手の浅田舞さん。今はタレントとしても人気ですね。今年30歳になられるそうです。

妹さんは言わずと知れた、元フィギュアスケート選手の浅田真央さん。フィギュアスケートの成績では、妹・浅田真央さんの方が素晴らしい記録を残していらっしゃいます。タレントとしては、浅田舞さんご活躍されていますね。

そんな浅田姉妹のお母さんは、既にご病気のために亡くなっています。

Sponsored Link

 

浅田舞の父親の職業は?

浅田舞さん、真央さんのお父さんの若い頃のお仕事は、ホストだったと言われています。浅田舞さん・真央さんのお母さんとの馴れ初めもホストと客という関係だったとか。

浅田舞さん・真央さんのお父さんもお母さんも小さい頃にご両親を亡くされているそうなので、お金を稼ぐことのできる水商売を選ばれたのかもしれませんね。

そんな生活の中でも二人の娘さんをこんなに立派に育てられたのはすごいですね。

子育て主婦の最大の悩み!『子供の学費』から解放される方法

浅田舞さん、真央さんともにたくさんの習い事をさせてもらってきたそうです。それは、浅田舞さん・真央さんのお母さん自身が、子供のころ、習い事を存分にさせてもらえていなかったからだそう。

お母さん自身は子供の頃、バレエをやりたかったそうです。ですが、ご両親が無くなってしまったとのことなので、お金のかかるバレエという習い事をさせてもらうことは叶わなかったのだと思います。

そんな思いから、浅田舞さんと真央さんには、英語やバレエ・フィギュアスケート・学習塾など、数々の習い事をさせてあげたそうです。

習う子供も大変ではありますが、送迎したり、お月謝を払ったりするご両親の苦労も会ったことと思います。浅田舞さん・真央さんのお父さんは、名古屋や大阪でホストとして働いていたそう。

きっと会社員のお給料よりも稼ぐことが出来るのだろうと思うので、2人の娘さん達にも十分なことをしてやることが出来て幸せだったかもしれません。

 

浅田舞のお母さんの病名は肝硬変。生体肝移植は?

浅田舞さん・真央さんのお母さんは、48歳という若さでお亡くなりになっています病名は、肝硬変。一時は、娘たちからの移植ということも提案されたと聞きました。

ですが、日本のみならず世界を代表するようなトップスケーターから、移植してもらうなんて、そんな結論を出すことはできなかったのではと思います。

そして、難度か入退院を繰り返しながら、浅田舞さん・真央さんお母さんは、帰らぬ人となりました。浅田真央さんは、遠征している時でありながら急遽帰国していました。

その時浅田舞さんも真央さんも、20歳を少し超えたばかりという年齢でした。その若さで、母を亡くしてしまうのは、きっと心細いことだったでしょう。

Sponsored Link

 

浅田舞の高校や大学は?コーチは誰だった?

浅田舞さんは、1988年7月生まれ29歳。愛知県名古屋市の出身です。

名古屋市立高針小学校から高針台中学校へ、そして東海学園高校に行かれました。大学は、中京大学。中京大学は、愛知県付近のスポーツ選手のよく進学する大学ですね。

フィギュアスケートを習い始めた時は、名東フィギュアスケートクラブに所属していたそうです。コーチは、門奈裕子コーチ。その後、山田満智子コーチと樋口美穂子コーチのグランプリ東海クラブへと変わったそうです。

2002-2003シーズンには、全日本ジュニアフィギュアスケート選手権で銀メダルを獲得したそうです。そして2004-2005シーズンまで3年連続で銀メダルを獲得したそうです。

2006年からは、アメリカへ渡りコーチは、ラファエル・アルトゥニアンに変わりました。ラファエル・アルトゥニアンコーチは、4月から本田真凜選手も師事していますね。

その後、ラファエル・アルトゥニアンコーチのアシスタントのナディア・カナエワへ師事します。2008年からは名古屋で練習するように変わったそうです。

 

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>