ドクターX(5期2017)8話感想&9話あらすじ 遥の病気はなに?

      2018/02/02

2017年12月7日放送のドクターXでは、今年2017年8月に第15回全日本国民的美少女コンテストで、グランプリを獲得した井本彩花さんが出演されるそうです。

井本彩花さんは、まだ中学生。グランプリを受賞されたときから、歌下手だとか母親は?とかバレエの画像、身長、ツイッター、モデルなどと様々ことに興味を持たれています。

井本彩花さんの身長は、8月ころは162.5cmとのことですが、育ち盛りの中学2年生。3カ月ほどたった現在は、もう少し伸びているかもしれませんね。

モデルさんの身長からすると162.5cmは小さいと思うので、もっともっと伸びても大丈夫そうです。井本彩花さんの初ドラマ出演となるドクターX第5作 第9話のあらすじを見ていきましょう。

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題


Sponsored Link

 

第8話 感想/西山外科医の思いって何?

「時間なので帰りま~す。」と言う未知子の後に、帰っていくゆとり世代の外科医たち。そのゆとり世代の西山外科医が、今回はオペの執刀を申し出ます。

いつも穏やかな西山外科医、どうしたのでしょうか。その心の中はどんな思いがあったのでしょう。

 

いつも穏やかな西山外科医。珍しく強い信念がありそうです。

 

元大臣秘書官の八雲は、非常に難しいがんを患っています。もちろんそんな手術が出来るのは、今の東帝大学病院には大門未知子しかいません。

ですが、八雲は官庁の不祥事を告発した人物。簡単に病気を完治させるわけにはいかないよう。不祥事を告発された官庁の人物というのは、日本医師会の内神田会長の友人なのです。

内神田会長から圧力をかけられ、手術の執刀医は海老名副病院長にすると言い出す蛭間病院長。

そんなことでもめている間になんと、西山外科医が八雲の手術を始めていました。慌ててオペ室に向かう大門未知子と副外科医たち。

やはりというか、西山外科医にはそんなに難しいがんは手に負えるはずもなく、大門未知子が助け舟を出し、無時にオペは終了します。

そして一つ疑問なのは、なぜ西山外科医が突如としてオペをしてしまったのか?手術の許可は内神田会長にとってあるというのです。なぜ内神田会長に西山外科医は許可が取れたのでしょうか。

 

なななんと、西山外科医は内神田の息子だったんです!!!

 

え~~~~!!!

 

内神田会長が若いころ、縁談の話が進んでいながら、内神田会長と西山外科医の看護師のお母さんは付き合っていたそうです。そして、西山外科医がおなかに…。

西山外科医のお母さんは内神田会長の元を去り、西山外科医を女手一つで育てたそう。そのことを内神田会長に詰め寄った西山外科医は、手術の許可を取り付けたのです。

難しいがんを根治させた八雲は会見を開き、告発したはずの内容を撤回してしまうのです。

 

第9話 あらすじ/遥のプリマになる夢は叶う?

将来は、バレエのプリマドンナを演じたい。バレエの世界を志したものならだれもが望むこと。そんな夢を持った遥(井本彩花)がバレエコンクール前の大切な時期だというのに足の痛みが治まりません。

東帝大学病院で検査してもらった結果、炎症からくる痛みで軽症であるとのこと。ですが、大門未知子は、舟状骨骨折という病気の可能性があるといいます。

舟状骨骨折とは、治療しないと将来、運動能力が衰えてくるというもの。未知子の予想通り、後日の検査では舟状骨骨折と判明。

遥は、大切なバレエコンクールを控えて、元通りの体に戻れるのでしょうか。

実は遥は、城之内博美の娘も通うバレエ教室に通うお友達。遥と城之内の娘だけでなく、シングルマザーという共通点を持つ、遥の母とも博美は付き合いがありました。

遥の病状から、詳しく検査をすることを遥の母・九重比佐子(原沙知絵)に勧める博美。

遥が最初に検査してもらったときに遥に付き添っていたのは、比佐子の父・九重節郎(大友康平)。節郎と比佐子には、何か事情がありそうです。

そして検査の結果は、やはり舟状骨骨折。この舟状骨骨折の完治までには、オペが2回必要で6カ月ほどの時間がかかるといいます。

そんな中、大門未知子の術式では、1度のオペで治して見せるとのこと。そんな難しいオペを控え、未知子にピンチが訪れます。

権力や権威を重んじている内神田会長は、自由なフリーランスの医師・大門未知子が気に入りません。未知子を医師の世界から追い出そうとするのです。

そして大門未知子の身にピンチが…。

予告では、未知子が倒れてしまっていました。未知子の体の具合も悪いのでしょうか。来週は、最終回の前の会。

残すところドクターXもあと2回。見逃せません

ドクターX


Sponsored Link

 

井本彩花のプロフィール/2017年国民的美少女グランプリ

ドクターX 第5作、第9話に登場する井本彩花さん。

プロフィールを見ていきましょう。

氏名:井本 彩花(いもと あやか)

生年月日: 2003年 10月 23日

血液型: A型

出身地: 京都府

趣味: クラシックバレエ

特技: クラシックバレエ

出典:井本彩花オフィシャルブログ

 

趣味・特技がクラシックバレエというだけあって、ドクターX 第9話の中でも、井本彩花さんのおどる姿を見ることが出来そうです。

足に筋肉がついていて、しっかりと小さいころからバレエを習ってきたんだなーと分かります。

 

井本彩花さんは、2017年8月に行われた『第15回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリに選ばれました。

国民的美少女コンテストと言えば、TAKAHIROさんとご結婚されて、ただ今妊娠中の武井咲さん。

過去には、後藤久美子さん、米倉涼子さん、佐藤藍子さん、田中千鶴さん、上戸彩さんなど、そうそうたる方々を輩出したコンテスト。

このコンテストは、おニャン子クラブが人気を集めていた頃、本当の正統派の美少女を選ぶというコンセプトのもと行われたようです。

ほんとに選ばれた方は皆、手足が長く顔が小さく、生まれ持った天性の素質がある方ばかりのように思います。

2017年に選ばれた井本彩花さんもまさに、美少女にふさわしい逸材。

今後、どんな女優さんになっていかれるのか、とても楽しみです。

賞を受賞した後、どのように女優さんとして伸びていくかは、ご本人の努力のたまものだと思います。

今も活躍を続けていらっしゃる方々は、相当な努力を積み重ねてこられたのだろうなと感じます。

木村拓哉ドラマBG~身辺警護人~キャストとあらすじ&主題歌が知りたい!

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 - ドクターX2017, 2017年ドラマ 感想, ドクターX, 2017, あらすじ, 5期, 8話, 9話, , 病気, なに, 井本彩花, 歌下手