羽生結弦コーチ ブライアンオーサーって?世界からスケーターが集まる理由

ブライアンオーサー

2017年グランプリシリーズ第4戦が今週開幕します。

11月10日大阪市中央体育館で行われるNHK杯。

日本からは、宮原知子選手、白岩優奈選手、佐藤洸彬選手、友野一希選手、そして羽生結弦選手が出場します。

宮原知子選手にとっては、グランプリシリーズ初戦。

表彰台に上がり、第2戦へつなげていきたいところです。

そして、羽生結弦選手。

第1戦ロシア大会では、第2位、13ポイントを獲得しています。

NHK杯でも表彰台に上がり、グランプリファイナル進出を決めたいところです。

そんな羽生選手のコーチ、ブライアン・オーサーさん。

かつては、カナダのトップスケーターでした。

どんな人なのでしょうか。

見ていきましょう。


Sponsored Link

 

ブライアンオーサーがコーチした(している)華麗なるスケーター達

現在は、カナダ人コーチとして活躍するブライアン・オーサー。

そんなブライアン・オーサーコーチに指導してほしいと、世界中からトップフィギュアスケーター達が、カナダ・トロントのクリケットクラブには集まります。

現在、クリケットクラブに所属するスケーター。

カナダフィギュアスケート選手の、ナム・グエン、ケイトリン・オズモンド、ガブリエル・デールマン。

アメリカ男子フィギュアスケート選手のアダム・リッポン。

スペイン男子フィギュアスケート選手のハビエル・フェルナンデス。

カザフスタン女子フィギュアスケート選手のエリザヴェート・トゥルシンバエワ。

そして、日本男子フィギュアスケート選手の羽生結弦。

そうそうたる選手たちをコーチしています。

そして、過去に指導していた選手には、韓国フィギュアスケート選手のキム・ヨナ(2014年2月引退)。

中国女子フィギュアスケート選手のクリスティーナ・ガオ(2015年6月引退)もいます。

ブライアンオーサー出典:FS gossips

 

ブライアン・オーサーのプロフィール

ブライアン・オーサーは、1961年12月18日生まれ 55歳。

カナダ出身。

1979年世界ジュニア選手権では、トリプル(3回転)アクセルを初めて成功させたそうです。

主な戦績

1983年 ヘルシンキオリンピックで、銅メダル
1984年 サラエボオリンピック 銀メダル、世界選手権(オタワ)銀メダル
1985年 世界選手権(東京) 銀メダル
1986年 世界選手権(ジュネーヴ) 銀メダル
1987年 世界選手権(シンシナシイティ) 金メダル
1988年 カルガリーオリンピック 銀メダル、世界選手権 銀メダル

カナダ選手権では、1981年~1988年まで金メダルを獲得しています。

1988年に現役を引退し、プロスケータ―としてアイスショーなどに出演。

2006年からはコーチを開始し、2007年にプロスケーターを引退。

2009年、指導していたキム・ヨナが世界選手権で金メダルを、2010年バンクーバーオリンピックでは金メダルを獲得します。

ブライアン・オーサー出典:SportyMags

ブライアン・オーサーがキム・ヨナに指導した事とは?

ブライアン・オーサーがキム・ヨナを指導していたころ、ブライアン・オーサーのコーチ経験はまだ浅かったそうです。

2006年からコーチとして後進の指導を始め、キム・ヨナのコーチを引き受けるのが2009年。

コーチとしての経験は、3年ほど。

そんなブライアン・オーサーがコーチとして、キム・ヨナに指導したこと。

それは、GOEの点数を上げていくこと、だったそうです。

2014年ソチオリンピックでキム・ヨナは金メダルを獲得します。

その時に、ブライアン・オーサーがキム・ヨナに指導していたことが、GOEでの高い評価を得るスケーティング。

日本の浅田真央選手が、トリプルアクセルを武器にジャンプで点数を獲得するスケートをしていたのと対照的です。

キム・ヨナ選手の3回転ジャンプは、ルッツ・トウループ・サルコウ・フリップの4つ。

アクセルは、ダブル(2回転)です。

そして、GOEは、フリーで合計12.2。ファイブコンポーネンツは、74.50。

 

浅田真央選手の3回転ジャンプは、アクセル・フリップ・ループ・ルッツ・サルコウの5つ。

GOEは、6.69。ファイブコンポーネンツは、69.68。

GOEとファイブコンポーネンツで、10.33もの差がついてしまいました。

浅田真央選手のジャンプやスピン、ステップなどの要素の基礎点は、66.34。

キム・ヨナ選手の基礎点は、57.49。

明らかに、難しい技に挑戦していた浅田真央選手に対し、キム・ヨナ選手は技の難度を下げ、全ての要素で加点がもらえるような美しいスケーティングを追及していました。

そしてそのブライアン・オーサーの戦略がキム・ヨナに金メダルをもたらしました。


Sponsored Link

 

ブライアンオーサーが羽生結弦選手に望むこととは?

ブライアンオーサーが、2014年ソチオリンピックが終わり、世界一となった羽生結弦選手に望んだこと。それは、

ピーキングを意識すること。

『ピーキング』とは、
シーズン中にたくさんの試合がある中、大切な試合に向けてピークを持っていくこと。

19歳という若さで世界一になった羽生結弦選手。

常に王者であり続けなければいけないというプレッシャーを自らに課して、疲れ果ててしまう。

ミスがあってもいい、かっこ悪い姿を見せてもいい。

ピークとする試合を勝てばいい。

そんな気持ちでいさせてくれるコーチ。

日本で加熱する報道やプレッシャーを感じることなく、練習に打ち込める場所、それがカナダトロントのクリケットクラブなのかもしれません。

世界中から、トップスケーター達が集まる理由が分かる気がします。

 

そして、羽生結弦選手が2017年11月の今、ピーキングとしているところ。

それは、2018年2月に行われる平昌オリンピック。

グランプリシリーズ開幕中ですが、グランプリファイナル、全日本選手権。

そして来年2月の平昌オリンピック。

羽生結弦選手のピーキング、楽しみに待ちたいと思います。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>