アニス(Anis/モノラル)の嫁は衛藤利恵?国籍、身長は?ライブがかっこよすぎる!

アニス

モノラルというバンドのアニス(Anis)さん。中山美穂さんと深夜の密会が写真に撮られてしまいました。

ですがアニスさん、とってもかっこいいんです。アニスさんは、日本語以外にもアラビア語や英語などを話すことが出来るマルチリンガル。

Twitterを見てみても世界中を旅されている様子がよく分かります。そんな世界中の待ちのどこにいてもかっこよく見えてしまうアニスさん、素敵です。

Sponsored Link

アニス(Anis/モノラル)の嫁や国籍、身長は?

モノラルのメンバー、アニス(Anis)さんは、43歳。身長は、185cmだそう。そして顔が小さい。めっちゃイケメンなのですが、国籍はどこなのでしょうか。

アニスさんの本名は、島田アニス。1975年2月ロンドン生まれ。6歳までカサブランカやパリ、大阪で暮らしていたそうです。その後、高校を卒業するまでフランス・パリで育ったそう。

自宅では、アラブ語やフランス語を話し、小学校と中学校は日本人学校に通っていたそう。高校はインターナショナルスクールだったので、英語も話せるようになったそうです。

出身がイギリス・ロンドン、お父さんが日本人、お母さんがモロッコということは、イギリスか日本かモロッコの国籍を持っているということになるのかもしれませんね。

バンドではボーカルとギターを担当されていて、アラビア語にフランス語、英語に日本語を話すことが出来るマルチリンガル。

中山美穂さんもバンドのライブには登場したこともあるそうで、こんなツイートもありましたよ。楽しそうですね。中山美穂さんは、辻仁成さんとご結婚されていましたが、辻仁成さんもバンドをされていたようですし、髪型も近いものがある気がしてしまいます。

バンド・モノラルは、1997年にボーカルのアニスとベースのアリの2人によって結成されたそうです。2001年には、ミニアルバム『in stereo』でインディーズデビューしており、フジロックフェスティバルにも出演。

2010年には一時活動を休止するものの、2013年に活動を再開。これまでに、シングル2枚、ミニアルバム2枚、アルバム3枚をリリースしています。

Sponsored Link

アニスのお嫁さんは、衛藤理恵?

アニスさんのお嫁さんは、日本で歌手としても活躍されていた衛藤利恵さんなのでは、と言われています。

衛藤利恵さんは、現在はナレーターやシンガーソングライターをされているとか。化粧品のメイベリンのナレーションを数多くされているようです。

実は、聞きなれたあの声が衛藤利恵さんだったり、ってことがあるかもですね。衛藤利恵さんは、日本人のお父さんと中国人のお母さんとの間に生まれたハーフだそう。

子供の頃には、オーストリアに留学されていて、ウィーン大学で通訳を勉強していたとか。日本語のほかにもドイツ語、英語、中国語、フランス語を話すマルチリンガルだそうなので、アニスさんともお似合いな気がしますね。

衛藤利恵

ですが、衛藤利恵さんが歌手活動をされていたのは、2002年ごろまで。その後、翻訳や英語での作詞、コーラスアレンジなどをされているそうです。

衛藤利恵

衛藤利恵さんは、1973年生まれ。1994年に『天使の微笑』で歌手としてデビューされています。

 

まとめ

『アニス(Anis/モノラル)の嫁は衛藤利恵?国籍、身長は?ライブがかっこよすぎる!』としてまとめてきました。

バンド・モノラルのアニスさん、中山美穂さんとの写真が報道されるまで知りませんでした。ですが、モデル活動もされていたそうですし、どこかの雑誌やテレビで見ていたのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link