置き換えダイエットにスムージーは効果ある?おすすめ手作りレシピも紹介!

置き換え ダイエット

最近、運動していますか?運動不足からどことなく体重が増えたり、洋服がきつくなって来たりと感じることはありませんか?

冬には寒いので運動したくないし、夏には暑くて外に出たくはないし。忙しい仕事に追われたり、子育てに追われたりしていると、気づくと運動不足になっている気がします。

それについ食事も食べ過ぎたり、お付き合いで飲み過ぎたりと、気づかぬうちにお腹の周りのお肉が気になる…。

そんな時に効果的なダイエット方法がないものかと、探してみました。すると置き換えダイエットという簡単なダイエット方法があったんです。このページでは、置き換えダイエットに効果的なスムージーについてまとめていきます。

Sponsored Link

 

置き換えダイエットにスムージーは効果あるの?

置き換えダイエットというのは、食事の代わりにダイエットに効果のある食品を撮ることで、とり過ぎたカロリーを調整する効果が期待できるというダイエット方法。

ダイエット、というとすごく一大決心をして始めないといけないような気がしてしまいます。ですが、手軽に一日の食事の中の一回をダイエット効果のある食品に置き換えることで、ダイエットの効果が期待できる。

これなら試してみたいと思いませんか?

成人女性に必要なカロリーは、約1,800kcalとも言われています。身長や体重などにもよりますが、1,800キロカロリー以内に納めていられれば、ある程度の体重はキープできるはず。

ですがついつい外食が増えたりすると、1,000kcal近いカツどんを食べてしまったり、美味しいパスタとデザートのケーキを食べてしまったり。

それに会社帰りについ甘いものが食べたくなる。そんな誘惑ってたくさんあるものですよね。スーパーにお買い物に行ったついでに、美味しそうなシュークリームなんてあるとついついかごの中に入れてしまいます…(笑)。

そんな取り過ぎたカロリーを調整するためにも効果的なのがスムージーだそうです。例えば、今日のお昼は、たくさん食べちゃったから、夜ご飯はスムージーにしてカロリーを控えめにしよう、なんていう風に調節することだってできそうですよね。

スムージーのカロリーは、使用する材料にもよりますが、200kcal程。牛乳やヨーグルト、凍らしたバナナやお野菜をミキサーにかけるだけで出来るのでとても簡単です。

でもそんなに簡単に作れるお手軽なスムージーですが、メリットやデメリットってどんなことがあるのでしょうか?

置き換え ダイエット

スムージーのメリットとデメリットは?

スムージーのメリットとは?

スムージーを飲むことのメリットは、カロリーを控えめに出来ることの他にも、野菜や果物を加熱処理することが無いので、栄養素を効果的に吸収出来ることだとか。

確かに、キャベツなどのお野菜は過熱してしまうと栄養素が減ってしまうなんてことも聞いたことがありますよね。

でもミキサーで細かくしただけなので、熱を加えることもなく、お野菜そのままの栄養素を取り入れることが出来そうですよね。

それに、ミキサーに入れてスイッチを押すだけのお手軽な調理法というのも助かります。ダイエットって、継続することで効果が得られると思うので、面倒な調理法だったり、長い調理時間が必要な物だったりすると続かないなんてことも起こりそうです。

肌荒れ改善に期待できるスムージーのレシピは、スムージーで肌荒れ改善!おすすめ美肌レシピでダイエット効果にも期待!の中でたっぷり紹介しています。

そんなメリットだらけに見えるスムージーですが、デメリットってないのでしょうか。

 

スムージーのデメリットとは?

スムージーのデメリット。それは、かむことが無いので、唾液の分泌量が少なくなるのが良くないそう。噛むことで満腹中枢が刺激されて、満腹感を得ることが出来るなんて話もありますよね。

スムージーは、ミキサーで細かく液体になっているので、飲むだけ。だから噛む必要はないですよね。確かに、噛むことで得られる満腹感って、スムージーからは得られなさそうです。

それに、果物のジュースやアイスクリームをミックスすると糖分や脂肪も取ることになるそう。だから、ダイエット目的なのに脂肪分まで摂取していては、カロリーが高くなってダイエットするにはデメリットですね。

それに、カルシウムやたんぱく質が取れにくいなんて話もあるそう。タンパク質は、肉や魚、牛乳や卵など。確かに、スムージーの材料次第では、たんぱく質やカルシュウムが不足することもありそうです。

たんぱく質やカルシウムを補うには、牛乳を使ったり、卵を使ったりと、スムージーに使う材料にも気を付けた方が良さそうですね。

パウダーと水を混ぜるだけで簡単に作れるスムージーはフルーツスムージーダイエット/ミックスベリーのメリットと口コミ|通販でおすすめって本当?の記事でも詳しく解説しています。

ダイエットに効果がありそうなスムージーの簡単に作れるレシピを見ていきましょう。

Sponsored Link

 

スムージーのおすすめ手作りレシピを紹介!

おすすめ!アボカドスムージー 約265kcal

【材料】

  • アボカド1個
  • 飲むヨーグルト1本
  • 有機レモン汁大さじ1〜2
美肌 スムージー

出典:クックパッド

上記の3つの材料をミキサーで混ぜるだけ。簡単なレシピですよね。奄美の欲しい時にははちみつを入れても良さそうですが、飲むヨーグルトには甘みがあるので、それだけでも十分飲めそう。

でも、カロリーを抑えたいスムージーなのですが、アボカドを使うとカロリーが少し上がってしまいますね。

おすすめ!小松菜と豆乳のスムージー 約195kcal

【材料】

  • りんご1/2個
  • 小松菜1本〜2本
  • 豆乳 90ml
  • レモン汁 小さじ1
美肌 スムージー

出典:クックパッド

小松菜と豆乳のスムージーなら、カロリーが200kcal以内に抑えられそうです。リンゴのカロリーは低いですし、豆乳なのでたんぱく質も含んでいそうでヘルシーですね。

その他にも、むくみ解消に期待できるスムージーレシピは、スムージーでむくみ解消して痩せる!美容&ダイエット効果に期待のレシピを紹介!で解説しています。7種類のむくみ解消レシピで体のデトックスしたいですね。

 

まとめ

『置き換えダイエットにスムージーは効果あるの?手作りレシピを紹介!』としてまとめてきました。夏の食欲のないときとか、食べ過ぎた後とか、に食事に置き換えて飲むことでダイエットの効果が期待できるスムージー。

自家製のスムージーでは取り切れない栄養素もたっぷりと摂取するには、パウダー状になったスムージーを水で溶かす簡単なスムージーもあります。

カロリーも低くてダイエット効果を高めたい方には、粉末の低カロリーのスムージーが効果的かもしれません。

水と混ぜるだけのパウダー状のスムージーについては、フルーツスムージーダイエット/ミックスベリーのメリットと口コミ|通販でおすすめって本当?の記事で、本当に痩せた人の口コミや『本当においしいの?』なんて口コミについて書いています。そちらも合わせてごらんくださいね。

つい毎日の忙しさに追われて食べるものに気を使うことが無くなり、気づいたら体重が増えている。そんなことにならないために、日ごろから食事に置き換え出来るスムージー、取り入れていきたいところですね。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>