宇野昌磨ファイナル出場は?第5戦終了ポイント表グランプリシリーズ2017

      2017/11/23

2017年のフィギュアスケートグランプリシリーズも第4戦が終了しました。

女子シングルでは、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手とイタリアのカロリーナ・コストナー選手がファイナル進出を決めています。

17歳の新星と30歳のベテラン。

とても楽しみな女子シングルの戦いとなりました。

そして、男子シングルでは、ロシアのミハイル・コリヤダ選手が26ポイントを獲得して、一歩リードしている感があります。

ですが、あと1戦を残して11点以上獲得しているファイナル有力候補は、

アメリカのジェイソン・ブラウン選手、ロシアのベテラン セルゲイ・ボロノフ選手、宇野昌磨選手、アメリカのネイサン・チェン選手とアダム・リッポン選手、中国ボーヤン・ジン選手、
イスラエルのベテラン アレクシイ・ビチェンコ選手、ロシアのアレクサンダー・サマリン選手、アメリカのマックス・アーロン選手ら。

どの選手がファイナル出場してもおかしくない面々です。

第5戦フランス大会の動向が楽しみです。

※星取表は、第5戦フランス大会終了後、追記します。


Sponsored Link

 

男子シングルポイント獲得状況 ※第5戦フランス大会終了時点

グランプリシリーズ第戦大会終了時点の男子シングルは、このようになっています。

『×』印は、出場が予定されている大会です。

 男子シングル 国名 ①ロシア大会 ②カナダ大会 ③中国大会 ④日本大会 ⑤フランス大会 ⑥アメリカ大会 合計
1 宇野 昌磨
※グランプリ決定
日本 15 13 28
2 ミハイル・コリヤダ
※グランプリ決定
ロシア 11   15       26
3 ジェイソン・ブラウン アメリカ 13 9 22
4  ハビエル・フェルナンデス スペイン 5 15 20
5 アレクサンダー・サマリン ロシア 11 9 20
6 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 9 11 20
7 アレクシイ・ビチェンコ イスラエル 11 7 18
8 セルゲイ・ボロノフ ロシア 15 × 15
9 ネイサン・チェン アメリカ 15 × 15
10 マックス・アーロン  アメリカ 11 4 15
11 アダム・リッポン アメリカ 13 × 13
12 羽生 結弦 日本 13 13
13  ボーヤン・ジン 中国 13  × 13
14 モリス・クヴィテラシヴィリ ジョージア 7 5 12
15 キーガン・メッシング カナダ 3 7 10
16 パトリック・チャン カナダ 9 9
17  ヴィンセント・ジョウ  アメリカ 9 × 9
18 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 3 5 8
19 ドミトリー・アリエフ ロシア 5 3 8
20 ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 7 × 7
21  ピン・イン  中国 7 × 7
22 ミハル・フジェジナ チェコ共和国 5 0 5
23 ナム・グエン カナダ 4 0 4
24 ニコラス・ナドー カナダ 4 4
25  田中刑事 日本  棄 4 4
26  ケヴィン・イノルズ カナダ  3 × 3
27 デニス・テン カザフスタン 0 3 3

棄…棄権

日本で行われたNHK杯では、羽生結弦選手、パトリック・チャン選手、村上大介選手の欠場に伴い、思わぬ選手たちの活躍を見ることが出来ました。

ベテラン選手たちにもファイナル出場の可能性が出てきた2017年のグランプリシリーズ。

男子選手のファイナル出場は誰になるのでしょう。

 


Sponsored Link

 

女子シングルポイント獲得状況 ※第5戦フランス大会終了時点

グランプリシリーズ第戦大会終了時点の女子シングルは、このようになっています。

『×』印は、出場が予定されている大会です。

女子シングル 国名 ①ロシア大会 ②カナダ大会 ③中国大会 ④日本大会 ⑤フランス大会 ⑥アメリカ大会 合計
1 エフゲニア・メドベージェワ
※グランプリ決定
ロシア 15 15 30
アリーナ・ザギトワ
※グランプリ決定
ロシア 15 15 30
3 カロリーナ・コストナー
※グランプリ決定
イタリア 13 13 26
4 ケイトリン・オズモンド
※グランプリ決定
カナダ 15 11 26
5 マリナ・ソツコワ
※グランプリ決定
ロシア 13 13 26
6 樋口新葉 日本 11 13 24
7 エレーナ・ラジオノワ ロシア  9 11 20
8 本田真凜 日本 7 7 14
9 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 11 × 11
10 アシュリー・ワグナー アメリカ 11  × 11
11 長洲未来 アメリカ 0 9 9
12 コートニー・ヒックス アメリカ 9 9
13 三原舞依 日本  9 9 9
14 本郷 理華 日本 4 9
15 白岩優奈 日本 3 5 8
15 宮原知子 日本 7 × 7
16 坂本 花織 日本  7  × 7
17  アリョーナ・レオノワ ロシア  5 5
18 マライヤ・ベル アメリカ  5 0 5
19 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 5 × 5
20 ヴァレリア・ミハイロワ ロシア  4 4
21 カレン・チェン アメリカ 4 × 4
22  ガブリエル・デールマン  4 × 4
23 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン  3  × 3
24 ロリーヌ・ルカヴァリエ フランス 3 × 3
25  シァンニン・リー  3 × 3

圧巻の強さでロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手がファイナル出場を決めています。

女子シングルが230.00を超えることが出来るという一つの時代を切り開いた、エフゲニア・メドベージェワ選手。

ファイナルでも安定感のある演技、期待したいと思います。

イタリアのベテラン、カロリーナ・コストナー選手。

さまざまなハンディもありながら完全復活し、そして30歳となった今も世界トップレベルで戦い続けられる強さ。

素晴らしいと思います。

アメリカ大会のポリーナ・スルツカヤとアシュリー・ワグナーの成績次第で、樋口新葉選手のファイナル出場が決まりそうです。

 

 

グランプリシリーズポイント獲得のルール

各順位のポイントはこのようになっています。

順位 ポイント
第1位 15ポイント
第2位 13ポイント
第3位 11ポイント
第4位 9ポイント
第5位 7ポイント
第6位 5ポイント
第7位 4ポイント
第8位 3ポイント

第8位までの選手はポイントを獲得できます。

 

『フィギュアスケートグランプリシリーズ2017』って何?歴代男子女子ファイナル出場者も。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 - スポーツ選手, スケート 2017, 女子, 男子, 出場, グランプリ, シリーズ, ポイント, ファイナル, 宇野, 昌磨, , , , 第5戦