梅宮辰夫の顔面大怪我はなぜ?激痩せの原因や現在の病状・ガン克服までの記録

梅宮辰夫 怪我

俳優の梅宮辰夫さん、2018年末には顔面を大怪我されてしまいました。顔面の大怪我だけでなく、梅宮辰夫さんは、40代の頃にがんを患っていらっしゃったり、最近でも激痩せが話題になったりしていました。

2019年現在80歳になられていますし、体に不調が出るのは仕方のないことかもしれませんが、ここのところ立て続けに入院されたり、怪我をされたりしているようで心配になります。

ここまでの梅宮辰夫さん、どんな病気をされてきたのでしょうか。

広告

 

梅宮辰夫の顔面の大怪我はなぜ?

梅宮辰夫さんが顔面を30針も縫う大怪我をされたのは、2018年3月のこと。80歳のお誕生日と芸能界にデビューされてから60年という節目の会を開くときだったそう。

会場となっていた、東京プリンスホテルの入り口で転び、顔面を強く打ってしまったとか。右側の頬、おでこ、鼻に傷を負ってしまい、出血もかなりあったそうです。

ホテルのエントランスというと、大理石張りの滑りやすい状況だったのかもしれないですね。

かつては、神田うのさんも自宅マンションの大理石の床で滑って怪我をされていたことがありました。つるっとしていて素敵なのですが、気を付けないといけないですね。

そんな梅宮辰夫さん、若い頃がとってもかっこいいんです。梅宮辰夫さんの若い頃については、梅宮辰夫の若い頃がかっこいい!現在の嫁と結婚するまでの女性歴が驚愕!の記事で書いています。

 

梅宮辰夫さんの激痩せの原因とは?

俳優の梅宮辰夫さんの激やせの原因は、ガンによる闘病生活があったのでしょう。ダウンタウンdx(デラックス)に出演されて、激痩せと話題になったのが、2018年12月中旬。

その年の9月には、梅宮辰夫さんの5度目のガンが見つかり、手術をされていたようなのです。

 

現在の病状・ガン克服までの記録

そもそも、梅宮辰夫さんに最初のがんが見つかったのが、1974年36歳のとき。『こうがんガン』だったそうです。ガン細胞は肺まで転移しており、『肺ガン』も見つかったとか。手術と抗がん剤の治療をされたそうです。

この時、梅宮アンナさんはまだ2歳だったそうです。小さなかわいい子供がいる中での闘病生活はつらいものだったのではないでしょうか。

そして、2011年ごろに初期の胃ガンが見つかったそうです。この時、梅宮辰夫さんは73歳頃。そしてその後、2016年7月には、初期の十二指腸乳頭部ガンが見つかり、11時間もの時間をかけ手術を行ったそうです。

 

広告

 

そして、約2年後の2018年9月には、前立腺ガンが見つかったそうです。その病気の後、12月に出演されたダウンタウンdx(デラックス)に出演されました。その時には、激痩せと話題になりました。

梅宮辰夫

2019年1月には、尿管ガンの手術をされました。尿管がんとは、とても珍しいガン。前立腺ガンが見つかった時の検査で、初期の尿管ガンを見つけることが出来たとか。

  • 1974年(36歳) 『こうがんガン』手術。ガン細胞は肺まで転移しており『肺ガン』も。抗がん剤治療
  • 2011年~2012年頃 初期の『胃ガン』
  • 2016年7月 初期の『十二指腸乳頭部ガン』の手術は、11時間にも及んだそう。
  • 2018年9月 『前立腺ガン』
  • 2018年12月 ダウンタウンdx(デラックス)に出演されました。
  • 2019年1月 『尿管ガン』

そんな梅宮辰夫さんの若い頃ってとてもかっこいいんですよね。梅宮辰夫さんの若い頃の画像やその頃のモテた女性遍歴については、梅宮辰夫の若い頃がかっこいい!現在の嫁と結婚するまでの女性歴が驚愕!の記事でも書いています。

 

まとめ

『梅宮辰夫の顔面大怪我はなぜ?激痩せの原因や現在の病状・ガン克服までの記録』としてまとめてきました。

梅宮辰夫さんが、6度もガンと戦っていらっしゃったなんて知りませんでした。最初のガンは、36歳のとき。若くて悩まれたこともたくさんあったのでしょう。

それから40年近くたって、ガンを患われて手術をし、その後も生きることに前向きでいらっしゃるところ、見習いたいですね。

2018年には東京のご自宅を売却され、神奈川県真鶴の別荘などで暮らしていらっしゃるのでしょうか。

梅宮辰夫の別荘は真鶴(神奈川)のどこ?崖の上の白亜の豪邸がかっこいい!の記事では、白亜の素敵な別荘についても書いています。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

広告