宇野昌磨のSPショート&FSフリー動画をGPSカナダ大会前に見てみたい!

宇野昌磨

2017年グランプリシリーズ第2戦 カナダ大会。

第二戦カナダ大会に出場する男子女子フィギュア選手は、本田真凜選手、無良崇人選手、本郷理華選手、そして、宇野昌磨選手です。

宇野昌磨選手は、9月に行われたチャレンジシリーズ、イタリア・ロンバルディア杯で、自身のパーソナルベストを更新しました。

自己ベストを更新するほどの演技とは、どのようなものだったのでしょうか。

そして、その演技の得点表(プロコトル)を見ていきましょう。

なぜこうも、フィギュアスケート男子選手は、4回転ジャンプを飛ぼうとするのか、

その理由が分かります。

見ていきましょう


Sponsored Link

 

SPショート『四季 協奏曲第4番「冬」』

宇野昌磨選手の2017/2018シーズンのショートプログラム曲は、アントニオ・ヴィヴァルディ作曲の『四季協奏曲第4番「冬」』です。

バイオリンの旋律が素敵なこの曲で、2018年2月平昌オリンピックでも表彰台に上がって欲しいと思います。

その前に、グランプリシリーズ第2戦カナダ大会も。

振り付けは、樋口美穂子コーチ。

競技直前、リンクサイドにいる時から明るい表情の宇野昌磨選手。

そして、演技が終わってからも表情が穏やかな様子でした。

演技の出来がよいことももちろんですが、精神面でも安定しているのだろうなと想像できます。

 

ショートプログラム得点表(プロコトル)を見ていきましょう。

 要 素 基礎点 出来栄え点 スコア
(1)クワド(4回転)フリップ 12.30 -0.04 12.26
(2)フライングキャメルスピン 3.20 0.80 4.00
(3)ステップシークエンス/レベル3 3.30 1.10 4.40
(4)クワド(4回転)トウループ+トリプル(3回転)トウループ 16.06 ×1.1 2.20 18.26
(5)トリプル(3回転)アクセル 9.35  ×1.1 2.80 12.15
(6)チェンジフットシットスピン/レベル3 2.60 1.00 3.60
(7)チェンジフットコンビネーションスピン/レベル4 3.50 1.00 4.50
59.17

よく言われることですが、後半にジャンプを飛ぶと得点が1.1倍され、高得点へとつながります。

後半、疲れてきてからのジャンプは、体がきついと思うのですが、ショートプログラムの中に宇野昌磨選手は、コンビネーションジャンプと3回転トリプルアクセルを入れています。

そして、出来栄え点も最初の4回転ジャンプでマイナスがついたほかは、全て加点されています。

こうして、確実に点数を積み上げていっているところが、宇野昌磨選手の強いところですね。

 


Sponsored Link

 

FSフリー『トゥーランドットより~誰も寝てはならぬ~』

宇野昌磨選手の2017/2018シーズンのフリースケーティングの曲は、

ジャコモ・プッチーニ作曲の『歌劇・トゥーランドットより~誰も寝てはならぬ~』です。

振り付けは、ショート同様に樋口美穂子コーチ。

樋口美穂子コーチは、伊藤みどりさんと同級生で名古屋スポーツセンター(大須スケートリンク)で一緒に練習されていた方です。

山田満知子コーチとともに、後進の指導にあたっていらっしゃいます。

振り付けもされていてとても才能のある優秀なコーチです。

 

宇野昌磨選手のフリースケーティングの得点表(プロコトル)を見ていきましょう。

 要 素 基礎点 出来栄え点 スコア
(1)クワド(4回転)ループ 12.00 -2.16 9.84
(2)クワド(4回転)サルコウ 10.50 0.80 11.30
(3)トリプル(3回転)アクセル+トリプル(3回転)トウループ 12.80 1.60 14.40
(4)フライングキャメルスピン/レベル4 3.20 0.60 3.80
(5)フライングチェンジフットコンビネーションスピン/レベル4 3.50 0.60 4.10
(6)シットスピン/レベル4 3.90 1.54 5.44
(7)クワド(4回転)フリップ 13.53  ×1.1 2.00 15.53
(8)クワド(4回転)トウループ+ダブル(2回転)トウループ 12.76  ×1.1 1.40 14.16
(9)クワド(4回転)トウループ 11.33  ×1.1 1.80 13.13
(10)トリプル(3回転)アクセル+シングル(1回転)ループ+トリプル(3回転)フリップ 15.73  ×1.1 1.80 17.53
(11)トリプル(3回転)サルコウ 4.84 ×1.1 1.26 6.10
(12)コレオグラフィックシークエンス/認定 2.00 1.54 3.54
(13)チェンジフットコンビネーションスピン/レベル3 3.00 1.00 4.00
122.87

すごい得点ですね。

4回転ジャンプが5つも組み込まれています。

そしてほぼすべての要素で、加点。

ショートもフリーも、この演技構成点の他に、

5つの要素であるプログラムコンポーネンツがそれぞれ加えられて得点となります。

 

ロンバルディア杯での宇野昌磨選手のスコアは、このようになりました。

ショートプログラム  104.87
フリースケーティング 214.97
トータルスコア    319.84

宇野昌磨選手のパーソナルベストスコアです。

 

世界最高スコアは、羽生結弦選手の持つ、『330.43』。

驚異的なスコアですね。

 

2017年10月27日から開幕するグランプリシリーズ第2戦カナダ大会。

宇野昌磨選手は、4回転ジャンプは減らして3回転にしていくとコメントしています。

それだけ、ジャンプがなくても勝てるということの表れだと思います。

本番は、もう少し先にある。

今は、その日に向けての調整の期間であるのかもしれません。

 

2017グランプリシリーズ第2戦 カナダ大会 男子フィギュアスケート出場選手 プロフィール画像とランキング&放送時間、ライブ配信も

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>