イリナ・フィティソワ14番/ロシアバレーボール女子選手の美女たち

イリナ・フィティソワ

2017年グランドチャンピオンズカップ。

ロシア女子バレーボール選手の美しさに、誰もが目を奪われたのではないでしょうか。

そんなロシア女子バレーボールのメンバーの中で、ナタリア・ゴンチャロワ、タチアナ・コシェレワの他にも美しさと実力を兼ね備えた選手がいます。

それが、『イリナ・フィティソワ』。

2017年のグラチャンでは、背番号14番をつけていた美女です。

テレビの放送を見ながら、『可愛いな~。』と思っていた方も多いかもしれません。

そんなイリナ・フィティソワを見ていきましょう。


Sponsored Link

 

イリナ・フィティソワのプロフィール、お父さんは元NBA選手

イリナ・フィティソワは、1994年9月7日生まれ、22歳。

イリナ・フェティソワ出典:FC of Irina Fetisova/インスタグラム

スペインの『バリャドリッド』という所で生まれます。

身長は190cm。

ナタリア・ゴンチャロワやタチアナ・コシェレワのそばにいるイメージが強くて、何となく小柄かと思いますが、背が高いですね。

 

お父さんは、スペイン・バリャドリッドのプロバスケットボール選手。

イリナが生まれた1994年は、スペインでプレーしていたためか、イリナはスペイン出身となっています。

お父さんの名は、アンドレイ・フィティソワ。

1972年ロシア生まれ、45歳だそうです。

1992年から2007年までスペインバルセロナのチームや、ロシアのチームなどでプレーしていました。

45歳のお父さんで22歳の娘がいるって、お父さん23歳の時に生まれた子なんですね。

きっとお父さんもイケメンでしょうね。

イリナ・フェティソワ出典:FC of Irina Fetisova/インスタグラム

 

イリナ・フィティソワの経歴

イリナ・フィティソワは、2009年15歳で『レニングラード-2(Leningradka-2)』に加入し、プロとなります。

2011年、17歳の時にジュニア代表としてプレーし、
2014年シニア代表に選出され、モントルーバレーマスターズに入団。

同年の東京で行われたワールドグランプリでは、銅メダルを獲得します。

イリナ自身も、ベストブロッカー部門1位となり、ベストミドルブロッカー賞を受賞しました。

イリナ・フィティソワ出典:russia volley .com

2014年銅メダル、2015年銀メダルを獲得したワールドグランプリカップでは、レギュラーとしてチームに貢献しました。

 

現在の所属チームは、ロシアの『ディナモ・モスクワ』。

 


Sponsored Link

 

イリナ・フィティソワは、ロシアの次世代を担う存在

2014年のバレーボール・ワールドグランプリは、日本での開催でした。

世界各国で予選ラウンドを勝ち抜いたチームが、東京有明コロシアムで熱い戦いを繰り広げました。

ロシアは、ファイナルで日本と戦い、2勝3敗で日本に敗れ、3位銅メダルを獲得しました。

日本は2位銀メダル。

 

当時20歳のイリナ・フィティソワは、62試合中27リバウンド、18ブロックの成績でミドルブロッカー賞を受賞します。

ミドルブロッカー賞とは、1セット当たりのブロックによる得点数をカウントするもの。

 

ミドルブロッカー賞出典:FC of Irina Fetisova/インスタグラム

 

初めてのワールドグランプリ出場で、ミドルブロッカー賞受賞という快挙を成し遂げたのです。

この大会は、約一か月ほどの予選リーグを4つの都市で行い、最終戦を日本で行うというもの。

イリナは、この時のことをこう言っています。

The most defficult thing was the long flights,we had to manage to adapt to it quickly!
But the fatigue of course was there.

引用:russia volley .com

4つの都市を回りながら、予選リーグを戦うには飛行機での移動が伴います。

時差もあり、疲れも出る。

そんな中を戦い抜き、さらに、ベストミドルブロッカー賞まで受賞するイリナ・フィティソワの精神力はたくましいものがあります。

ロシアが賞を受賞したのは5年も前のこと。

そして、受賞した中でイリナは、最年少でした。

その時の気持ちを、

It was very cool!
All were very Pleased. Regardless of age.

引用:russia volley .com

「年齢に関係なく、とても嬉しかった。」と言うイリナ。

20歳らしくてかわいいのに、しっかりしています。

イリナ・フェティソワ出典:FC of Irina Fetisova/インスタグラム

 

そんな20歳のイリナ・フェティソワは、東京が大好きだそう。

東京についてとても良い印象を持っていて、「人々がとても親切で優しい」と言っています。

 

2017年現在、イリナ・フィティソワは22歳。

イリナ・フェティソワ出典:FC of Irina Fetisova/インスタグラム

イリナ自身のポジションを確立しつつ、次世代のロシアを担う存在です。

これからもイリナ・フィティソワの活躍から目が離せません。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

タチアナ・コシェレワ15番~ロシアバレーボール女子選手の美女たち

ナタリア・ゴンチャロワ8番/ロシアバレーボール女子選手の美女がすごい!

 

Sponsored Link