巡業部長の給料はいくら? 理事や理事長の仕事に対する手当も

貴乃花親方

大相撲横綱の日馬富士の暴行問題が取りざたされている今日この頃。

貴乃花親方の『巡業部長』という言葉が耳に入ります。巡業の責任者である巡業部長。

どんなお仕事なのでしょう。

巡業部長とはどんな仕事?冬巡業予定と貴乃花親方が務める理由

そして、巡業部長ってお給料はいくらぐらいなのでしょうか。

たくさんのお弟子さんを抱える親方という仕事。それだけでも大変なのに、相撲協会の理事として巡業や場所がうまく運営されるように尽力されていることと思います。

そんな相撲協会の理事である巡業部長、そして地方場所部長や理事長のお給料について見ていきましょう。


Sponsored Link

 

巡業部長のお給料はいくらなの?

巡業部長の定例報酬と各手当

貴乃花親方が務めていらっしゃる『巡業部長』というお仕事。

お給料はいくらくらいなのでしょうか。

『日本相撲協会役員及び評議員の報酬並びに費用に関する規定』によりますと、定例報酬は、月額149万8,000円

そして巡業に参加した理事には、1日当たり2万円の手当が出るそうです。例えば、15日巡業の場合30万円。

そして年度末には年度末手当も。理事は80万円理事長には110万円が手当てとして支給されるそうです。

その他にも、年寄りを兼務する理事には勤続手当も支給。勤続年数に応じて月額5千円~2万円までと決められているそうです。

 

たくさんの力士を抱え、子供同然に面倒を見る親方という職業。責任も重大だと思います。

貴乃花親方は、強い信念を持ち後進の指導にあたっていらっしゃいます。自分の子供の面倒を見るだけでも大変なのに、プロの相撲取りとして一人前に育てていくには、日々の努力の積み重ねが欠かせません。

そんな若い力士を一人前にする責任ある親方という職業にしては、日本相撲協会の役員報酬は安いような気もしてしまいます。

貴乃花親方

 

地方場所部長(大阪、名古屋、福岡)の先発手当

大相撲には、地方場所が欠かせません。

3月の大阪場所、7月の名古屋場所、そして9月の福岡で行われる九州場所。

地方で行われる場所には、事前に現地に入っての準備などが欠かせないことと思います。

地方場所を担当する地方場所部長には、手当が支給されているそうです。

 

大阪、福岡、名古屋場所部長には、それぞれ155万円~170万円までの先発手当と呼ばれる手当が支給。

見えないところで、たくさんの人たちが、大相撲の為に関わっていらっしゃるのですね。

 

理事長の定例報酬と年度末手当

理事長は、理事と同じく月額149万8,000円が支給。そして、年度末手当110万円が支給されるそうです。


Sponsored Link

 

最後に…。

力士の横綱のお給料が月額260万円ほどもらえるそうです。大関で215万円ほど、関脇小結では155万円ほどだそうです。

幕内の力士で120万円ほどだとか。

ですが、収入はそれだけでなく後援会からの援助も有るでしょうし、巡業ともなれば出ていくお金も多くなりそうです。

金額だけ見ると、かなりもらっているんだなと思ってしまいますが、親方として稽古場の管理や食費、その他もろもろを考えると、妥当な金額なのかなとも思ってしまいます。

 

日馬富士暴行問題で悪い意味で話題になってしまっている大相撲。ですが、地道な努力を重ねている力士たちがたくさんいると思います。

それぞれの力士が相撲の技や成績で取り上げられる日が早く来るといいなと思います。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link