樋口新葉ロシア大会2017の動画と得点表/プロフィールとコーチは誰?

樋口新葉

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2017も、第3戦目となります。

第3戦目は、中国北京での大会。

中国大会に出場するのは、田中刑事選手、本田真凜選手、三原舞依選手、そして樋口新葉選手の4人です。

樋口新葉選手は、グランプリシリーズ第1戦ロシア大会で、銅メダルを獲得しています。

グランプリファイナルに向けて、第3戦中国大会でもいい演技をして表彰台を目指したいところです。

そんな樋口新葉選手は、どんな演技をする選手なのでしょうか。

ジャンプは、何が飛べるの?

表彰台に届く可能性はあるの?

そして、樋口新葉選手のプロフィールやコーチは誰?

見ていきましょう。


Sponsored Link

 

SPショート動画/グランプリシリーズ2017ロシア大会 SP第3位

2017年10月20日に行われたグランプリシリーズ2017第1戦ロシア大会の演技です。

得点表(プロトコル)は、このようになっています。

 要 素 基礎点 出来栄え点 スコア
(1)ダブル(2回転)アクセル  3.30 1.00 4.30
(2)フライングキャメルスピン/レベル4 3.20 0.79 3.99
(3)チェンジフットコンビネーションスピン/レベル4 3.50 0.64 4.14
(4)トリプル(3回転)ルッツ+トリプル(3回転)トウループ < 9.90 ×1.1 -0.40 9.50
(5)トリプル(3回転)フリップ  5.83 ×1.1 -0.6 5.23
(6)ステップシークエンス/レベル4 3.90 1.50 5.40
(7)レイバックスピン/レベル4 2.70 1.00 3.70
32.33 36.26

演技後半のコンビネーションジャンプで回転不足(<)、
トリプルフリップでは、エッジエラー()となってしまい減点されています。

どちらも、後半のジャンプで加点が期待できるだけにもったい無かったです。

ですが、スピンは全てレベル4の高評価をもらえています。

そして、ファイブコンポーネンツ33.34を足して、

樋口新葉選手のショートプログラムのスコアは、69.60。

ショートプログラム第3位につけました。

グランプリシリーズ2017男子女子シングルポイント表(第3戦中国杯終了時点)フィギュア樋口新葉のファイナル出場は?

 

FSフリー動画/グランプリシリーズ2017ロシア大会 FS第3位

翌日のフリーの演技です。

得点表(プロトコル)はこちら。

 要 素 基礎点 出来栄え点 スコア
(1)ダブル(2回転)アクセル  3.30 0.93 4.23
(2)トリプル(3回転)ルッツ+トリプル(3回転)トウループ 10.30 0.70 11.00
(3)チェンジフットコンビネーションスピン/レベル4 3.50 1.07 4.57
(4)コレオグラフィックシークエンス/認定 2.00 1.70 3.70
(5)ダブル(2回転)サルコウ 1.30 0.00 1.30
(6)トリプル(3回転)ルッツ+トリプル(3回転)トウループ 11.33 ×1.1 0.70 12.03
(7)トリプル(3回転)ループ 5.61 ×1.1 0.80 6.41
(8)ダブル(2回転)アクセル+ダブル(2回転)トウループ+ダブル(2回転)ループ 7.04 ×1.1 -0.21 6.83
(9)トリプル(3回転)フリップ 5.83  ×1.1 0.70 6.53
(10)フライングキャメルスピン/レベル4 3.20 0.57 3.77
(11)ステップシークエンス/レベル4 3.90 1.40 5.30
(12)レイバックスピン/レベル4 2.70 1.00 3.70
60.01 69.37

プログラムコンポーネンツ68.20を加えて、
樋口新葉選手のフリースケーティングのスコアは、137.57。

トータルで、207.17。第3位 銅メダルを獲得しました

 

ショートプログラム同様、フリーでも後半にジャンプを持ってきているので加点。

後半4つのジャンプのうち3つで加点をもらえています。

何となく、樋口新葉選手の演技を見ていると、安藤美姫選手の滑りを思い出すのは気のせいでしょうか。

ジャンプの力強さ、ステップでの迫力、気迫のこもった演技は、かつて4回転も飛んでしまった安藤美姫選手のようです。

今後、表彰台の真ん中に立つ日が来てもおかしくない選手だと思います。


Sponsored Link

 

樋口新葉選手のプロフィールとコーチは?

樋口新葉選手のプロフィールを見てきましょう。

樋口新葉選手は、2001年1月2日生まれの16歳。

お正月に生まれたのですね。

身長は、152cm。

パーソナルベストは、217.63。

2017年9月に行われたイタリアでのCSチャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯でのスコアです。

この時の演技は、演技直前の練習でジャンプに失敗し転倒してしまったそう。

タイツが濡れてしまい、衣装も少し濡れてしまったとか。

ですがそんなハプニングが、緊張を和らげてくれて思い切って演技できたそうです。

そんな強い心臓の持ち主であるのは、頼もしいですね。

 

コーチは、岡島功治さん。

岡島功治コーチは、1957年3月23日生まれ 60歳。

北海道出身の元フィギュアスケート(ペア)の選手だそうです。

1979/80シーズン、全日本選手権でペア(ペアは、竹崎睦さん)で第2位。

その時の第1位が、フィギュアスケート男子シングルの無良崇人選手のお父さん、無良隆志さんのペア(ペアは、岡部由紀子さん)だったそうです。

現役を退いた後は、千葉県新松戸アイスアリーナでコーチを、
今現在は、東京都新宿区の明治神宮外苑アイススケート場でコーチをされているそうです。

 

樋口新葉選手が中国大会で、表彰台に上がる可能性は十分にあると思います。

もしかしたら、日本人女子選手2人が表彰台に上がるなんてことも考えられます。

日本から中国大会に出場する女子選手は、樋口新葉選手と本田真凜選手、そして、三原舞依選手。

中国大会からも、目が離せません。

 

女子ショートプログラムの演技は、2017年11月3日(祝・金)午後6時から。

放送は、テレビ朝日で11月4日(土)午前2時20分から。

中国大会2017速報!女子フュギュアスケートSPショート競技時間&結果、全動画も

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>