ボーヤン・ジンの愛称が可愛い!パーソナルベストの動画と得点表も

ボーヤン・ジン

2017年グランプリシリーズ第3戦中国杯に出場する地元中国選手。

中国からは、男女合わせて6人の選手が出場します。

そんな中国選手の中に、ボーヤン・ジン選手がいます。

羽生結弦選手より3歳年下の20歳。

どんな演技をする選手なのでしょうか。

動画や得点表、そしてプロフィールも見ていきましょう。


Sponsored Link

 

SPショート動画/2017年世界選手権

ボーヤン・ジン選手の2017年世界選手権のショートプログラム曲は、『スパイダーマンのテーマ』

ボーヤン・ジン選手の衣装も、くもの巣のようになっていて、スパイダーマンらしさが出ています。

ベストスコアを出した、2017年の世界選手権の動画を見ていきましょう。

プロトコル(得点表)はこのようになっています。

 要 素 基礎点 出来栄え点 スコア
(1)クワド(4回転)ルッツ+トリプル(3回転)トウループ 17.90 2.00 19.90
(2)フライングキャメルスピン/レベル4 3.20 0.50 3.70
(3)トリプル(3回転)アクセル 8.50 1.57 10.07
(4)クワド(4回転)トウループ 11.33 ×1.1 0.57 11.90
(5)チェンジフットシットスピン/レベル4 3.00 0.71 3.71
(6)チェンジフットコンビネーションスピン/レベル4 3.50 0.57 4.07
(7)ステップシークエンス/レベル3 3.30 1.00 4.30
50.73 57.65

冒頭のクワド(4回転)ルッツとトリプル(3回転)トウループが、綺麗に決まりました。

その後もとてもいい演技で、全ての要素で出来栄え点が加点されています。

プログラムコンポーネンツを加算して、ショートプログラムのスコアは、98.64。

ボーヤン・ジン選手のパーソナルベストです。

 

 

FSフリー動画/2017年世界選手権

そして、翌日のフリーの演技。

得点表(プロトコル)はこのようになっています。

 要 素 基礎点 出来栄え点 スコア
(1)クワド(4回転)ルッツ 13.60  2.57  16.17
(2)クワド(4回転)サルコウ  10.50  1.14  11.64
(3)トリプル(3回転)アクセル+シングル(1回転)ループ+トリプル(3回転)サルコウ  13.40  1.14  14.54
(4)コレオグラフィックシークエンス/認定  2.00  1.30  3.30
(5)フライングキャメルスピン/レベル4  3.20  0.64  3.84
(6)クワド(4回転)トウループ+ダブル(2回転)トウループ  12.76 ×1.1  1.29  14.05
(7)クワド(4回転)トウループ  11.33 ×1.1  1.29  12.62
(8)チェンジフットシットスピン/レベル4  3.00  0.50  3.50
(9)トリプル(3回転)ルッツ+トリプル(3回転)トウループ  11.33 ×1.1  0.50  11.83
(10)トリプル(3回転)アクセル  9.35 ×1.1  1.71  11.06
(11)トリプル(3回転)フリップ  5.83 ×1.1  1.30  7.13
(12)ステップシークエンス/レベル4  3.90  1.00  4.90
(13)チェンジフットコンビネーションスピン/レベル4  3.50  0.86  4.36
 103.70  118.94

演技冒頭のクワド(4回転)ルッツ、すごく高さがあります。

スコアも、このジャンプだけで16.17ももらえています。

動画では、壁にぶつかりそうに見えますが、ぶつかりません。さすがですね。

全てのジャンプやスピンで出来栄え点がもらえています。

そして、フリースケーティングのスコアは、204.94。

トータルで、303.58。

ボーヤン・ジン選手のパーソナルベストスコアとなりました。


Sponsored Link

 

ボーヤン・ジン選手のプロフィール

ボーヤン・ジン選手は、金博洋(きん はくよう)と書くときもあるようです。

英語では、Boyang JIN。

1997年10月3日生まれ、20歳。

中国・ハルビン市出身。

お父さんもお母さんも陸上競技(800m)の選手だそう。

ボーヤン・ジン選手も走ることは好きだそうです。

ですが、それ以上に滑ることの方が好きだそうです。

フィギュアスケートを始めたのは7歳の時。

フィギュアスケートの競技会を見たのがきっかけだそうです。

そして、ボーヤン・ジン選手と言えば、ニックネームが可愛いんです。

それは、『天天』。

『てんてん』と日本語読みしていいものでしょうか。

中国語を日本語表記するは難しいのですが、あえてするとすれば、『ヒェンヒェン』と言った感じです。

何となく急に親しみがわいてきました。

 

ツイッターなどで、写真を投稿していたボーヤン・ジン選手。

ですが、オリンピックシーズンの2017年は、そのSNSの更新も控えているようです。

テスト前に、携帯電話を使わないようにする中学生みたいで、けなげですね。

 

主な成績

2013/2014シーズンから中国選手権では、4シーズン連続で第1位。

2017年9月フィンランディア杯では、第1位。

2016/2017シーズンのグランプリシリーズは、カナダ大会と中国大会に出場。

グランプリファイナル出場は叶いませんでした。

ハビエル・フェルナンデス選手の2016世界選手権がすごい!羽生結弦選手も参った演技を動画で。プロフィールも。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 

Sponsored Link


<関連コンテンツ>