坂本花織の衣装デザインを徹底解説!以前との違いを画像で検証!

坂本花織

2018年平昌オリンピックの出場権をかけたフィギュアスケートの全日本選手権。坂本花織選手は、ショートプログラムを終えて、第1位につけました。ですが、第2位宮原知子選手とは、わずかの差。どちらが金メダルをとってもおかしくない状況です。

そんな中、プリンセスストーリーの階段を駆け上がっているような坂本花織選手が、フリーの衣装を新調したそうです。どんな衣装なのでしょう。

そして、前の衣装も可愛くてフリー曲の『アメリ』に似合っていたように思いますが、違いはどんなところなのでしょう。

そして、気になるネットの反応は?見ていきましょう。


Sponsored Link

 

坂本花織 フリーの新しい衣装は、赤色!

坂本花織選手が新しくフリーの衣装に選んだのが赤色。まさに今、サクセスストーリーを駆け上がっている坂本選手にピッタリな色だと思います。そして衣装がこちら。

坂本花織選手が、フリースケーティングに使用している曲は『アメリ』フランスのジャンピエールジュネ脚本の映画です。舞台はフランスパリのモンマルトル。

忙しい両親に育てられたアメリは、いつもどこか心に孤独を抱えています。周りに心を開くことができないアメリ。そんなアメリが成長し一人の男性を好きになります。そして、そのことがきっかけとなり孤独を抱えていたはずのアメリが人を楽しませることに喜びを感じるようになります

ロシアフィギュア選手権2018 アリーナザギトワの得点がすごい!

自分が出せなくてもやもやしていたアメリが成長し、好きなものを好きと言えるようになった。そして、その姿がどこか坂本選手に重なるような気がします

そんな少女から大人の女性へと成長していくストーリーを演じる坂本花織選手。天真爛漫で、世界で戦うスケーターでありながら、どこかすぐそばにいるような親近感を感じます

坂本花織の年齢や出身地・兄弟は?フリー曲アメリはどんなストーリー?

これまでの試合では、どこか思うようにならずに悔し涙を流す場面が多かったように思います。それがグランプリシリーズアメリカ大会で210点を超えるスコアを出します。

坂本花織選手のプログラムも、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手のように、得点が加算される後半にジャンプが多く構成されています。これがミスなく決まるようになり、210.59というロシア勢にも劣らないほどのスコアを出しました。

 

坂本花織 フリー赤色の衣装の評判は?

坂本花織選手の全日本選手権フリーでの赤い衣装。とってもかわいらしくて『アメリ』という曲にも、今の坂本選手の雰囲気にもぴったりと合っていると思います。

ネットの反応はどのようなものなのでしょうか。見ていきましょう。

かわいいという意見が多数な気がします。以前の緑色よりももしかしたら、気に入ってくださる方が多いかもしれません。明日のフリーでの坂本花織選手。ノーミスでいければ表彰台は間違いないと思います。

優勝して平昌オリンピックへの出場を決めてしまうのかそれとも2位や3位につけて、選考する方々を悩ませることになるのか。とても楽しみです。


Sponsored Link

 

フリー曲『アメリ』衣装デザインのポイントは?

ところで、フリーで使用していた『アメリ』の衣装。以前はどのようなものだったのでしょうか。それがこちら、緑色です。

坂本花織

グリーンが好きな管理人にはまさにツボな色ですが、すこ~し地味に見えてしまうかもですね。ですが若々しい坂本選手が着ると、そこがまた逆にかわいらしいです。

緑色のアメリの衣装、前から見るとレースが施された丸襟のブラウスを着ているようなデザイン。ですが、後ろが広めに開いているのご存知でした?

ブラウスのように襟が詰まっていると、どこか窮屈い印象になりがちですが、坂本花織選手の緑色の衣装は、背中が大人っぽく開いているので窮屈感がありません。そして透けるレース生地も素敵ですね。

そして新しい赤色アメリ衣装は、大人になったアメリのように見えます。緑色の衣装と同じく土台には、レースが施された生地を使用しています。緑色の衣装よりも赤色のが、より大人っぽい印象を受けますね。

子供のアメリから、大人のアメリに成長したようなストーリーも浮かんできて、すごいいい衣装だと思いました。

 

2018年韓国平昌で行われるオリンピックの最終選考会でもある全日本フィギュア選手権。大事な大事なこの舞台で、すべての選手が調子を上げてきている中、それ以上に滑りで、第1位につけた坂本花織選手。その努力と度胸の良さで、フリーの演技も素晴らしいものとなることと思います。楽しみです。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link


<関連コンテンツ>