長洲未来は日本語と3Aが出来るの?ジャパンオープン2017に出場!

長洲未来

寒くなってきて、冬のスポーツの時期になってきましたね。

冬のスポーツと言えば色々ありますが、華やかなフィギュアスケートが人気です。

2017年10月7日(土)には、

フィギアスケート木下グループカップJapan Open 2017が放送されます。

 

その出演スケーターの中に、長洲 未来(ながす みらい)選手がいます。

日本人かと間違いそうですが、アメリカのスケート選手です。

どんな選手なのか、見ていきましょう。


Sponsored Link

 

長洲未来選手、日本語は出来るの?

長洲未来選手は、1993年4月16日アメリカ生まれのアメリカ育ち、24歳です。

お父さんもお母さんも日本人ですが、アメリカで生まれた長洲選手はアメリカ国籍と日本国籍を所有しています。

お父さんとお母さんは、お寿司屋さんを経営されているそう。

 

そんな長洲未来選手、日本語は話せるのでしょうか。

書いたり、読んだりは、大丈夫なのでしょうか。

 

お父さんやお母さんとは、日本語で会話してきたのか話すことはできるそうです。

ですが、日本語を読んだり、日本語を書いたりすることは苦手だそう。

お寿司屋さんを経営していたとしても、お客さんはきっとアメリカの方。

日常会話は、英語であっても当然ですね。

そして学校に行っても、英語。

日本語って、ひらがながあったり、カタカナがあったり、漢字があったり。

すごくたくさんの文字を覚えないとならないです。

海外の方に、
「日本語は難しい!」
「日本語は、キャラクター(文字)がたくさんありすぎる!」と驚かれることもありますね。

ひらがなを書けるようになったと思ったら、カタカナを書いて、同時に漢字も覚えて…。

日本の小学生は、ほんとよく頑張っています。

長洲未来出典:テレビ東京オフィシャルページ

長洲未来は、トリプルアクセル(3A)に成功!

長洲未来選手と言えば、日本ではあまり話題になりませんでしたが、トリプルアクセル(3A)を大会で成功させています。

2017年9月に行われたUSインターナショナルクラシック。

本田真凜ちゃんが、ショートプログラムで大躍進。

そして翌日のフリースケーティングでは、衣装を忘れて「ヤバい!」とかわいい顔でコメントしていたあの大会です。

あのかわいい顔で「ヤバい!」なんて言われたら、すぐにでも衣装を取りに行ってあげてしまいそうですね。

そんな本田真凜ちゃんがショートプログラム一位通過したことで、日本では真凜ちゃんの話題一色。

そんな中、長洲未来選手はトリプルアクセル(3A)を成功させていました。

出来栄えは『-1.60』とマイナス評価ではありましたが、1つのジャンプを飛んで『6.90』という点数を獲得。

長洲選手も、『トリプルアクセル』と認定してもらえたことに満足していました。

もしマイナス評価がなければ、トリプルアクセルだけで『8.50』という点数です。

ちなみに、本田真凜ちゃんがUSインターナショナルクラシック2017でトリプルループを飛んで獲得した点数は『5.61』。

トリプルフリップとトリプルトゥループの2つのジャンプを飛んで基礎点は、『9.60』。

そして、本田選手はプラス評価も加算されているので、トリプルフリップとトリプルトゥループの2つのジャンプで、『10.44』という点数を獲得しました。

もし、トリプルアクセル(3A)をきれいに着氷し、プラスの評価をもらえれば、3回転2種類のジャンプを飛ぶのと同じくらいの点数がもらえます。

大きいジャンプ(トリプルアクセル:3A )にチャレンジするか、

2つのジャンプ(トリプルフリップとトリプルトゥループ)を確実に決めていくか、

戦略が分かれるところですね。

 

ここ最近の長洲未来選手の成績は、このようになっています。

2016年NHK杯 第5位 180.33(宮原知子 第2位 198.00/樋口新葉 第4位 185.39)

2017年四大陸選手権 第3位 194.95(三原舞依 第1位 200.85)

2017年USインターナショナルクラシック 第2位 183.54(本田真凜 第1位 198.42)

 

常に日本人選手が上位にいて、アメリカの長洲選手が1点でも多く点数を獲得したい気持ちがよく分かります。


Sponsored Link

 

『ジャパンオープン2017』ってどんなルールなの?

2017年10月7日(土)に放送される

フィギアスケート木下グループカップ Japan Open 2017』って、どんなルールで進められるのでしょうか。

 

この大会は、日本・ヨーロッパ、北アメリカの三つの地域の代表が合計4名(男子2名・女子2名)で争う団体戦。

日本からは、本田真凜、三原舞依、宇野昌磨、織田信成、

日本出典:テレビ東京オフィシャルページ

ヨーロッパからは、エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、ハビエル・フェルナンデス、アレクセイ・ビシェンコ、

ヨーロッパ出典:テレビ東京オフィシャルページ

北アメリカからは、長洲未来、カレン・チェン、ネイサン・チェン、ジェレミー・アボット、

アメリカ出典:テレビ東京オフィシャルページ

が出演します。

本田真凜選手も三原舞依選手も宇野昌磨選手も、平昌オリンピックで期待のかかる選手。

どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

トリプルアクセル(3A)を決めた長洲未来選手は、ジャパンオープンカップ2017でも、トリプルアクセルを見せてくれるのか、楽しみです。

そして、ヨーロッパのハビエル・フェルナンデス選手。

安藤美姫さんとは仲睦まじくいっているのでしょうか。

そんなことも気になるフィギアスケート木下グループカップ Japan Open 2017。

放送は、テレビ東京で2017年10月7日(土)18時30分~20時54分です。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 

フランス美女フィギュアスケート選手は2018平昌五輪に参加できるの?競技動画も

山下真瑚の年齢や出身地・学校は?コーチやクラブはどこ?

横井ゆは菜 2017ジュニアグランプリの順位と画像/2016全日本選手権も

Sponsored Link


<関連コンテンツ>